Core i7-14700KとRTX 4070Tiのゲーム性能とベンチマーク|i7-13700Kと比較レビュー

このページには広告が含まれています

BTOゲーミングPCによくある以下の構成で、「ゲーム性能」「クリエイティブ性能」「消費電力」を検証しました。

  • Core i7-14700K+RTX 4070Ti(水冷)
  • Core i7-13700K+RTX 4070Ti(水冷)
  • Core i7-14700F+RTX 4070Ti(空冷)
  • Core i5-14400F+RTX 4070Ti(空冷)

CPUの違いによるパフォーマンスの差も分かります。

ゲーミングPCの購入や、自作PCの構成を検討している人は参考にしてください。

上位GPUのRTX 4070Ti SUPERのベンチマークはこちら↓

すぐにゲームのベンチマークが見たい!って人は、このボタンをタップ↓

目次

CPU性能と特徴をざっくりチェック

赤:優れている

スクロールできます
i7-14700K/KFi7-13700K/KF i7-14700/Fi5-14400F
世代第14第13第14第14
ソケットLGA1700LGA1700LGA1700LGA1700
Pコア数8886
Eコア数128124
スレッド数28242816
オーバークロックXX
ベースクロック3.4GHz3.4GHz2.1GHz2.5GHz
ブーストクロック5.6GHz5.4GHz5.4GHz4.7GHz
L3キャッシュ33MB30MB33MB20MB
PBP125W125W65W65W
MTP253W253W219W148W
APO※注※注不明
推奨CPUクーラー
(筆者基準)
水冷水冷空冷空冷
参考価格
1月調査
62,000円
(14700KF)
58,000円
(13700KF)
61,000円
(14700F)
34,000円

【※注】APO機能は第12世代、第13世代もアップデートで使用可能になる予定(対応CPUは不明)

Core i7-14700Kはi7-13700KからEコア数、キャッシュメモリ、動作クロックが微増したマイナーアップデートモデルです。

ゲームパフォーマンスを向上させるAPO機能(Application Performance Optimization)が追加されたのがポイント。

ただし、APOは「初期設定が難しい」「ゲーム側の対応が必要」といったハードルがあり、それほど強みとは言えません。

また、CPUの型番にKが付くモデルは「消費電力が高くて発熱がすごい」という弱点があるので、基本的に水冷システムを推奨。

デメリットはあるものの得られるメリットの方が大きいので、自作PCだったら「K付き」のi7-14700K/13700Kがおすすめです。

CPU名の最後にあるF(例:Core i7-14700KF)は内蔵GPU機能があるかどうかです。

ゲーミングPCの場合はグラボを積んでいるので、実用上は14700KFと14700Kに違いはありません。

より詳しい解説は、関連記事を参考にしてください。

CPUの総合性能を計測するPassmarkのスコアです。

各CPUは実機を使い、電力設定を「定格」にして計測しました。(※BTOパソコンと同じ設定)

「オーバークロック」や「電力制限解除」するとスコアは大きく変動します。

グラフだけで判断すると、Core i7-14700Kと13700Kが飛び抜けた性能。

Core i7/Ryzen 7といった「7グレード最高峰」のCPUとなります。

ただ、実際に使ってみると「Core i7-14700Kとi7-13700K」に体感できるほどの差はありません。

コスパ重視ならCore i7-13700Kで十分な性能。特にBTOパソコンは値下げされてお得感が増すでしょう。

価格差は時間が経つほど少なくなるので、予算があるなら総合的に最新のCore i7-14700Kが良いという感じです。

※上位のCore i9/Ryzen 9は時間効率が重要な「仕事」をする人におすすめ。個人の趣味レベルならCore i7/Ryzen 7までで十分です。

APOの注意点

ゲームパフォーマンスを向上させるAPO機能を使うには、以下の手順が必要です。

  • マザーボードのDTT(Intel Dynamic Tuning Technology)を有効化
  • DTTドライバーをインストール(マザーボードメーカーが提供)
  • インテルApplication Optimizationをインストール
  • APOに対応したゲームを用意する
    ∟2023年10月時点で2本しか存在しない

>>インテル公式資料

DTTの設定は、私が使っているマザーボード(ASRock B760 Pro RS)だとデフォルト値が無効になってました。

BTOパソコンで出荷時に有効になっているかは不明。(たぶん無効になっていると思われる)

※ドスパラのZA7C-R47T 14700KFモデルを試用したところ、BIOSにDTT設定項目は存在しませんでした。(2023年11月時点)

執筆時では「マニア向け」「知ってる人しか使わない」機能で、これじゃ普及しないだろうな … というのが正直な感想です。

普及するにしても数年は要すると思われるため、APO機能を目当てにCore i7-14700Kを買うのはおすすめしません。

とはいえ、効果はそれなりにあるので、しばらく様子を見てプレイしているゲームがAPOに対応しているかチェックすることをおすすめします。

検証用PCのスペック

スクロールできます
Core i7-14700K
Core i7-13700K
Core i7-14700F
Core i5-14400F
OSWindows 11 Home
ケースアユート/長尾製作所
オープンフレーム
レビュー
長尾製作所
オープンフレーム
マザーボードASRock B760
Pro RS
レビュー
ASRock H670
PG Riptide
CPUクーラー水冷
NZXT KRAKEN 280
空冷
AINEX SE-224-XTS
GPURTX 4070Ti
MSI VENTUS 3X
メモリ32GB
DDR5-4800
32GB
DDR4-3200
ストレージ2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
→レビュー
2TB Gen 4×4
CFD PG3NF2
電源850W850W

Core i7-14700K/13700Kは280mm簡易水冷、Core i7-14700F/i5-14400Fはサイドフロー空冷で検証。

Core i7-14700KのAPOは無効

Core i7の電力設定は定格です。

  • i7-14700K PBP 125W/MTP 253W
  • i7-13700K PBP 125W/MTP 253W
  • i7-14700F PBP 65W/MTP 219W

ゲーム性能チェック

グラフィックスの重さが「軽い」「中程度」「重い」の3パターンで検証しました。

  • 【軽・重量級】フォートナイト
  • 【中量級】オーバーウォッチ2
  • 【中量級】原神
  • 【中量級】パルワールド
  • 【中量級】アーマードコア6
  • 【中量級】龍が如く7 外伝
  • 【重量級】ファークライ6
  • 【重量級】アサシンクリードヴァルハラ
  • 【重量級】アサシンクリードミラージュ
  • 【重量級】スターフィールド
  • 【重量級】サイバーパンク2077

すべて当サイトによる計測値です。ゲームのバージョンやシステム構成によってフレームレートは変わります。

快適にゲームを遊ぶフレームレートの目安

スクロールできます
ゲームの重さタイトル例快適に遊べる目安
軽量級レインボーシックス・シージ
フォートナイト(DX11)
VALORANTなど
120fps〜
中量級Apex Legends
オーバーウォッチ2など
多くのFPSゲーム
120fps〜
重量級 フォートナイト(DX12)
アサシンクリードシリーズ
サイバーパンク 2077など
多くのオープンワールドゲーム
60fps〜

フレームレートとは、1秒間に画面を書き換える回数のこと。(単位fps)

書き換え回数が多いほど「なめらか」な映像になります。

最近のゲームはグラフィックスに凝ったものが多いので、基本的に重量級が快適に動作するPCを選ぶのがおすすめです。

グラフの便利な使い方

【軽・重量級】フォートナイト

設定
  • 【画質1】DX11パフォーマンス
  • 【画質2】DX12最高+レイトレON
  • 【DLSS】バランス

同一リプレイファイルの同じシーンの平均フレームレート(移動・建築・戦闘を含む)

2024年1月測定(チャプター5)

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

競技向けの「パフォーマンス設定」でCore i7-14700K/13700Kが飛び抜けて良いフレームレート

Core i5はボトルネックが発生してフルHD~4Kまでフレームレートがほぼ同じです。

Core i5でも200fpsを超えますが、動きの激しいシーンではフレームレートが大きく変動するので、安定して高フレームレートを維持したい人は「Core i7-14700Kが良い」です。

一方で、グラフィックスの最も重いDX12モードの「最高画質+レイトレON」だと、WQHD以上はCPUの差が少なくなります。

総合するとCore i7-14700Kがベストですけど、カジュアルに楽しむ分にはどのCPUでも変わらないと思います。

【中量級】オーバーウォッチ 2

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【高品質アップスケーリング】デフォルト
  • 【視野角】デフォルト(103)
  • 【レンダースケール】自動
  • 【NVIDIA REFLEX】有効+ブースト

同一リプレイファイルの同じシーンの平均フレームレート(5vs5の乱戦時)

2024年1月計測

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

デフォルト画質である「ウルトラ」でもフルHD~4Kまで十分な速度です。

ガチなプレイヤーなら画質を下げると400fpsとか出ます。

GPU負荷の軽いフルHDでCPUパワーの差が出ますが、RTX 4070TiならWQHD以上で遊ぶのがおすすめ。

WQHD以上の場合、CPUの価格差に見合った違いはありません。

他の中量級FPSゲームとして「Apex Legends」もありますが、だいたい同じようなフレームレートで遊べます。(300fpsが上限)

※Apex Legendsは同じパターンの戦闘シーンを再現できないため未計測

【中量級】原神

設定
  • 【画質】高
  • 【アンチエイリアス】FSR2

戦闘中の平均フレームレート

2024年5月計測

フレームレート60fpsが上限のゲームです。

RTX 4070Tiだとオーバースペック。RTX 4060でも4Kまで60fpsに張り付きます。

【中量級】パルワールド

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】バランス
  • 【その他】デフォルト

レベル50拠点内を走った平均フレームレート

2024年2月測定(v.0.1.4.1)

このゲームの高負荷なシーンは「戦闘中」や「フィールド内を探索中」ではなく、ある程度成長した「拠点内」だと思われます。

拠点で活動中に100fpsくらい出ていれば「戦闘」「移動」も快適に動作します。

検証時のバージョン(v.0.1.4.1)では、組み合わせるCPUによってフレームレートの伸びが大きく変わる珍しいゲームです。

Core i7-14700K/13700Kが飛び抜けて良いスコア。

同じグラボを使用しているとは思えないほど差が出ますが、どのCPUでも十分な速度なので違いを体感できる人は少ないでしょう。

Core i5は110fps、Core i7-14700Fが120fps、Core i7-14700K/13700Kは150fpsくらいがCPUの限界値となり、ボトルネックが発生。

4KはGPUの負荷が高すぎて誤差レベルになります。

【中量級】アーマードコア 6

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: armored-core6-photo7_1024_20230831_054230.jpg
設定
  • 【画質】最高
  • 【自動描画調整】ON

ARENA 28/Fで戦闘中の平均フレームレート

2024年1月測定(v.50)

DLSSに対応していないゲームですが、フルHD〜ウルトラワイド(UWQHD)まで上限の120fpsで動作。

4Kはボス戦だと70fpsまで瞬間的に落ちるけど、まったく問題ないです。

特にウルトラワイドがすごい迫力なのでおすすめ。

ただ、Core i7-14700Kと13700Kの差はありません。

普通に遊ぶなら、どのCPUとの組み合わせでも問題ないです。

【中量級】龍が如く7 外伝

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】AUTO
  • 【フレーム生成】ON

地獄チームランブルGOLD1で仲間が戦闘時の平均フレームレート(8人vs10人)

2024年1月計測(v.1.21)

「龍が如く7外伝 名を消した男」はDLSS3+ウルトラワイドに対応。

激しい動きでもヌルヌル動作します。

GPU負荷の低いフルHDでCPUパワーの差が出ますが、実際のプレイ感に差はありません。

龍が如く8」もPCの要求スペックは同じなので、安心して遊べます。

【重量級】ファークライ6

設定
  • 【画質】最高
  • 【レイトレーシング】ON
  • 【FSR】OFF

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月測定(v.1.7.0)

RTX 4070TiならどのCPUでも4Kまで快適に遊べます。

こちらもCPUパワーがハッキリ出るゲームで、Core i7-14700K/13700Kが飛び抜けたスコア。

よ〜く見ると、各CPUのフルHDとWQHDのスコアに大きな差はなく、ボトルネックが発生しているのが分かります。

こういったタイプのゲームでは、CPUパワーのある方がフレームレートがよく伸びます。

Core i5でも快適に遊べるフレームレートですけど、RTX 4070Tiのパワーを活かせてないです。

DLSSに対応していないゲームですが、4KでFSRをONにするとi7-14700K/13700Kが115fps、i7-14700Fも115fps、i5-14400が91fpsでした。

【重量級】アサシンクリードヴァルハラ

設定
  • 【画質】最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月測定(v.1.7.0)

このゲームはレイトレーシングとDLSSに対応していません。(FSRには対応)

国産のゲームや少し古いゲームだと、レイトレ/DLSSに対応していないものが多いです。

レイトレ/DLSSに対応していない超重いゲームは、このくらいで遊べるという目安にしてください。

GPU負荷の軽いフルHDでCore i7が良いスコア。

WQHD以上で遊ぶ場合、Core i5がベストコスパになります。

【重量級】アサシンクリードミラージュ

設定
  • 【画質】最高
  • 【解像度スケール】100%
  • 【アップサンプル】TAA

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.06)

競技性の低いゲームなので、4Kまで快適に遊べます。

GPU負荷の少ないフルHD/WQHDでCPUパワーの差が大きく出ます。

4KはGPU負荷が高くてCPUに仕事が回らず差が出ません。

【重量級】スターフィールド

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

視界の広い「広い場所」と、視界の狭い「狭い場所」を走った平均フレームレート

2024年1月計測(v.1.8.88)

めっちゃくちゃ重たいゲームでしたが、DLSS3 フレーム生成対応にアップデートされて4Kまで快適に遊べるゲームに生まれ変わりました。

惑星・地上などの視界の開けた「広い場所」と、船内や洞窟みたいな「狭い場所」でフレームレートが大きく変わります。

計測時のバージョン(1.8.88)では、165fpsがフレームレートの上限になるようです。

CPUの違いによるフレームレートの差は誤差レベルでした。

【重量級】サイバーパンク 2077

設定
  • 【画質】レイトレーシングウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月測定(v.2.1)

4Kまで快適に遊べます。

GPU負荷の少ないフルHDでCore i7が良いスコア。

ただ、RTX 4070TiならWQHD以上で遊ぶのがおすすめなので、Core i5でも十分です。

Core i7-14700Kのゲーム性能まとめ

共通点として、重量級ゲームの4KはGPUの負荷が高すぎてCPUパワーの差が出ません

4Kのフレームレートを上げたいなら、CPUではなくGPUのランクを上げた方が良いです。

一番の難点はどのゲームでCore i7-14700Kのパワーが乗るか分からないことでしょう。

ゲームによってはフルHDでも格下のCore i5と同じパフォーマンスであることは注意すべきポイントです。

まとめると、当たり前ですがCore i7-14700Kがベストですけど、Core i7-13700Kから大きな進化がない点は注意してください。

クリエイティブ性能チェック

動画編集、写真編集、AI画像生成の能力をチェックしました。

動画編集(Premiere Pro)

4KとフルHDで撮影した10分間の動画を編集してエンコードした時の処理時間です。

4K→4Kエンコード
YouTube 2160p 4KUHD
i7-14700K+RTX 4070Ti(DDR5)
4分28秒
i7-13700K+ RTX 4070Ti(DDR5)
4分28秒
i7-14700F + RTX 4070Ti(DDR4)
4分42秒
i5-14400F + RTX 4070Ti(DDR4)
4分57秒
フルHD→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
i7-14700K+RTX 4070Ti(DDR5)
1分12秒
i7-13700K+ RTX 4070Ti(DDR5)
1分13秒
i7-14700F + RTX 4070Ti(DDR4)
1分24秒
i5-14400F + RTX 4070Ti(DDR4)
1分26秒

どのCPUとの組み合わせでも、10分の実時間より早くエンコードできます。

Core i7-14700Kとi7-13700Kの速度差はほぼ同じ

格下のCore i7-14700Fとi5-14400Fよりは「かなり速い」です。

RAW現像(Lightroom Classic)

Lightroom Classicを使って有効画素数2010万(SONY RX10M4)のRAWデータ100枚を現像しました。

RAW現像 100枚
i7-14700K+RTX 4070Ti(DDR5)
17.58秒
i7-13700K+ RTX 4070Ti(DDR5)
17.68秒
i7-14700F + RTX 4070Ti(DDR4)
20.61秒
i5-14400F + RTX 4070Ti(DDR4)
25.57秒

どのCPUとの組み合わせでもサクサク処理できます。

こちらもCore i7-14700Kと13700Kの処理速度はほぼ同じ。

格下のCore i7-14700F/Core i5-14400Fよりは速いです。

書き出し条件はこちら↓

画像形式JPEG
画質100%
解像度350px/インチ

AI画像生成(Stable Diffusion)

Stable Diffusionを使用して6枚の画像を生成しました。

設定・環境はこちら
  • Stable Diffusion Web UI v1.7.0
  • Python 3.10.9
  • xformers 0.0.20
  • 【Check Point】 YesMix v1.5
  • 【Lora】 Mikasa Ackerman
  • 【VAE】vae-ft-mse-840000-ema-pruned
  • 【Prompt】
    • masterpiece, best quality, highres, hmmikasa, short hair, black eyes, scarf, emblem, belt, thigh strap, red scarf, white pants, brown jacket, long sleeves, <lora:mikasa_ackerman_v1:0.7>, holding weapon, sword, dual wielding, three-dimensional maneuver gear, fighting stance, sky,
  • 【Negative prompt】
    • EasyNegative, lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, (worst quality:1.2), low quality, normal quality, jpeg artifacts, signature, watermark, username, blurry, lowres graffiti, (low quality lowres simple background:1.1),
  • 【Sampling method】DPM++ 2M Karras
  • 【Sampling steps】20
  • 【Width】512
  • 【Height】768
  • 【Batch count】6
  • 【CFG Scale】7
  • 【Seed】 1954368363

設定を合わせると同じ画像が生成されます。

Stable Diffusion
(512 x 768)x 6枚
i7-14700K+RTX 4070Ti(DDR5)
10.7秒
i7-13700K+ RTX 4070Ti(DDR5)
10.7秒
i7-14700F + RTX 4070Ti(DDR4)
10.8秒
i5-14400F + RTX 4070Ti(DDR4)
11.3秒
i7-14700F+RTX 4070 SUPER(DDR4)
11.8秒
i7-13700+RTX 3060 12GB(DDR4)
28.1秒

クラウドサービスを使った画像生成よりも圧倒的に速く自分好みの絵を描けます。

RTX 4070Tiのビデオメモリは12GBなので、AI画像生成の「中級者向け」といった位置付けです。

今回のテストだとビデオメモリの使用量は4.9~6.4GBでした。

かなりのヘビークリエターでない限り、ビデオメモリは12GBもあれば十分です。

※AI画像生成は発展途上中です。今後も高速化する技術がたくさん生まれてくると思われます。

CPU比較

CPUの違いは少し影響あるようですが、ほぼ同じと思ってよいでしょう。

AI画像生成はほとんどGPUパワーだけで処理するようです。

CPUの価格差を考慮するとCore i5がコスパ良いですね。

消費電力チェック

各CPU+RTX 4070Tiを使ったシステム全体の消費電力を計測しました。

スクロールできます
RTX 4070Tiゲーム動画視聴アイドリング
i7-14700K410~465W70~75W55~60W
i7-13700K400〜445W70~75W50~55W
i7-14700F320~390W70〜75W65~70W
i5-14400F290~360W70〜75W60〜65W
2023年10月再計測

Core i7-14700K/13700Kのデメリットは「消費電力と発熱」です。

Core i7-14700Kのパフォーマンスはi7-13700Kとほぼ同じなので、悪い言い方をすると消費電力が上がっただけのCPUということになります。

負荷のかかる処理はかなり消費電力が高く、なぜかアイドリングは良いスコアでした。(誤差レベルだと思います)

強烈なパワーを得る代わりに消費電力は高くなるけど、常時400W以上の電力を使うわけではないです。

人によって評価は分かれそうですが、得られるメリットの方が大きいので個人的には仕方ないかな・・・と思います。

逆に、「最悪の消費電力だ!」と思った人はRyzen 7 7800X3Dが良いです。

計測方法はこちら

消費電力の測定はラトックシステムのRS-BTWATTCH2を使用。

リアルタイム計測データの最小値と最大値を採用。

ゲーム】サイバーパンク2077/フルHD〜4Kまでの最小値と最大値

【動画視聴】Hulu

システム環境やゲームによって消費電力は変動します。

RTX 4070Ti+Core i7-14700Kの構成まとめ

RTX 4070Tiまとめ

  • フルHD/WQHDゲームを高画質/高フレームレートで楽しめる
  • 4K+レイトレONでも最高画質で80fps以上
  • DLSS 3対応ゲームなら無敵

Core i7-14700Kまとめ

  • 飛び抜けた処理能力
  • クリエイティブ性能が高い
  • GPUの性能をしっかり引き出せる
  • 4Kのフレームレートは上がらない
  • 消費電力が高い
  • 冷却に気をつかう
  • Core i7-13700Kから進化が少なすぎ

Core i7-14700Kの一番の魅力はクラス最高峰の処理能力です。

詳しい人ならオーバークロックや電力制限を開放してCPUの秘めたパワーを存分に楽しめるのもポイント。

ゲームだけでなくクリエイティブ作業もガッツリする人ならCore i7-14700Kが筆頭候補となるCPUです。

省電力版のCore i7-14700/Fとの価格差が1000円程度なのもポイント。(2024年1月時点)

価格と性能のバランスを考慮すると、自作PCなら迷わず「K付き」のi7-14700Kを選んだ方がお得です。

※BTOパソコンだとCPU以外のパーツもハイグレードな物に変わるので、価格差は4万円くらいになります

悩ましいポイントとしては、Core i7-14700Kと13700Kのどっちが良いか?だと思います。

すでにCore i7-13700Kを使用しているなら、買い替える必要なし。

新規で買う場合、性能は微妙にCore i7-14700Kの方が良いので、予算に無理がなければ14700Kがおすすめ。

コスパ重視ならCore i7-13700Kでまったく問題ありません。

特にBTOパソコンならCore i7-13700Kモデルの方が安いので狙い目です。

14700K/13700Kの共通デメリットとしては「4Kのゲーム性能は上がらない」「消費電力」「発熱」でしょうか。

特に冷却については自作だと気をつかうけど、BTOパソコンならしっかり対策されているので問題ないです。

インテル(Intel)
¥70,980 (2024/05/20 03:29時点 | Amazon調べ)

使用したグラフィックボードはこちら↓

上位GPUのRTX 4070Ti SUPERのベンチマークはこちら↓

RTX 4070Ti+Core i7-14700K/13700KのBTOゲーミングPC

セール品を狙うとお得です。

ドスパラ ガレリア ZA7C-R47T

CPUCore i7-14700KF
20コア28スレッド
GPURTX 4070Ti
CPUクーラー
解説
水冷
240mm RGB
メモリ
解説
32GB
DDR5-4800
ストレージ
解説
1TB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
3個(空き2)
Gen 4×4 – 3(2)
マザーボード
解説
Z790チップセット
ATX
ASUS PRIME Z790-P
高さ x 幅 x 奥行
解説
480 x 220 x 440
ミドルタワー
電源
解説
850W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:2.5Gbps
無線:なし
サポート
価格354,979円
ポイント
  • 安心ブランド
  • 1ランク上のパフォーマンス
  • 納期が早い
  • 大容量メモリ
  • パーツ構成が良い
  • クリエイティブ性能が高い

ドスパラ最上位グレード「Zシリーズ」のRTX 4070Tiモデルです。

マザーボードはハイエンドなZ790チップセットを採用し、水冷CPUクーラー、32GBメモリ、Gen 4対応の爆速SSDを標準搭載。

ストレージの拡張性が高いほか、ケースファンは大型&静音な14cmを2基、ハイグレードなフルプラグイン式電源を標準搭載。

すべてのパーツ構成が極上のうえ、注文時のカスタム性も高く、長く現役で使えるパーフェクトなスペックです。

「せっかく買うなら良いものを」と思っている人におすすめです。

\翌日出荷!すぐに遊べる!/

ゲームだけでなく、クリエイティブ作業も得意!

PCパーツ・自作PCの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年5月24日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
124800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB500GBPC工房
153980円RTX 4060Ryzen 5 7500F16GB500GBドスパラ
157800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
164800円RTX 4060Ryzen 5 7500F16GB1TBマウス
168980円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
168980円RTX 4060TiRyzen 5 7500F16GB500GBドスパラ
174980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
184800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
199980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB
(32GB)
1TB日本HP
239800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
255800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB1TBフロンティア
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB
(32GB)
1TB日本HP
264980円RTX 4070Ti SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
268980円RTX 4070SPRyzen 7 770016GB1TBドスパラ
269660円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
274980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
292800円RTX 4070Ti SPRyzen 7 7800X3D32GB1TBフロンティア
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB2TBフロンティア
300980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
324050円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER
よかったらシェアしてね!
目次