Ryzen 7 7800X3DとRTX 4070のゲーム性能とベンチマーク Core i7/Core i5と比較レビュー

このページには広告が含まれています

最強ゲーミングCPUと評判の高いRyzen 7 7800X3Dと、RTX 4070を組み合わせた構成で「ゲーム性能」「クリエイティブ性能」「消費電力」を検証しました。

以下の構成と比較をしたので、CPUの違いによるパフォーマンスの差もわかります。

  • Core i7-14700K+RTX 4070
  • Core i7-14700F+RTX 4070
  • Core i5-14400F+RTX 4070

ゲーミングPCの購入や、自作PCの構成を検討している人は参考にしてください。

目次

Ryzen 7 7800X3Dの特徴

7800X3Dを実際に使ってみて感じた特徴は、次の3つです。

  • 一番おもしろいCPU
  • ハマるとすごい
  • ヤバいほど省電力

大手メディアなどによる7800X3Dの評価は、このようになってます↓

  • ゲーム時のパフォーマンスが「究極に高い」
  • クリエイティブ性能が「弱い」

実際に使ってみたところ、クリエイティブ性能も十分なCPUでした。

そもそもゲームとクリエイティブ作業の「両方を究極に」やり込める人間って存在しないです。

ゲームする比率が多い人だったら、ゲームにめっぽう強いCPUの方が良いのでは?

ほとんどのCPUは「マルチにこなせる優等生」ばかりです。

特に人気&定番のインテルCoreシリーズは、グレードが上がるほど消費電力が高くなるデメリットがあります。

7800X3Dは上記のような流れに逆らった強烈な個性を持つのが最大の特徴です。

CPU性能をざっくり比較

本レビューでは競合するCPU「Core i7-14700K/KF」「Core i7-14700/F」「Core i5-14400/F」と比較します。

CPUの総合性能を計測する「Passmark」のスコアです。

同クラスのCore i7-14700K/KFに完敗で、BTOパソコンによく採用されるCore i7-14700/Fに近いスコア。

グラフだけで判断すると「どこが最強CPUなの?」って思う人は多いかもしれません。

しかしRyzen 7 7800X3Dはベンチマークスコアに現れない部分が強く、実際に使ってみるとCore i7シリーズを圧倒します。

ここではCPU性能の大雑把な順番として、ふ~んと眺める程度でOKです。

赤:優れている/青:劣っている

スクロールできます
Ryzen 7 7800X3DCore i7-14700KCore i7-14700Core i5-14400
特徴ゲームに強い

省電力
ゲームに強い
クリエイティブ性能
発熱がすごい
最悪の消費電力
すべてが普通カジュアルゲーマー

省電力

安い
微妙にパワー不足
Pコア数8886
Eコア数なし12124
スレッド数16282816
定格クロック4.2GHz3.4GHz2.1GHz2.5GHz
ブーストクロック5.0GHz5.6GHz5.4GHz4.7GHz
L3キャッシュ96MB33MB33MB20MB
TDP/PBP120W125W65W65W
PPT/MTP162W253W219W154W
最大温度
TjMAX
89℃100℃100℃100℃
推奨CPUクーラー
(筆者基準)
空冷水冷空冷空冷
発売日2023年4月2023年10月2024年1月2024年1月
参考価格
2024年1月調査
50,000円62,000円
(14700KF)
61,000円
(14700F)
34,200円
(14400F)

7800X3Dはスペック表だけで判断すると飛び抜けて良くは見えません。

価格は発売時が72,000円くらいだったので、今はかなりコスパ良いと思います。

最大のポイントは96MBもの特盛りL3キャッシュ(3D V-Cache)を搭載していることで、キャッシュが効くゲームだと狂ったようなフレームレートになるのが特徴

その代わり発熱に弱く、特に最大温度が低いので高温になりすぎるとヤバいデメリットがあります。

限界温度まで余裕がない点は注意すべきポイントですが、しっかりエアフローを意識すれば空冷でもOK。

さらに、電力効率が良く、競合するCore i7-14700Kよりかなり省電力なのもポイント。

たくさんあるCPUの中でも「使っていて面白い」と感じれる珍しさがあり、2024年で一番おすすめのCPUです。

ちなみに、RyzenはEコア(高効率コア)を持っていないのがデメリットに見えますけど、まったく影響ありません。

※Eコアはゲームでほとんど活用されない。個人的には何も役に立ってないと感じるので、そもそも不要だと思ってます

また、インテルCPUは1年ごとにちょろっとスペックを修正した新バージョンをリリースします。

一方でRyzenは数年間を現役で戦える余裕のあるスペックでリリースするのが特徴。

「せっかく買ったのに新しいCPUがでた(泣)」なんてことにならないのもRyzenを選ぶメリットの一つです。

検証用PCのスペック

スクロールできます
7800X3Di7-14700Ki7-14700F
i5-14400F
OSWindows 11 Home
ケースアユート/長尾製作所
オープンフレーム
レビュー
長尾製作所
オープンフレーム
マザーボードASRock B650M
PG Riptide WiFi
ASRock B760
Pro RS
レビュー
ASRock H670
PG Riptide
CPUクーラー空冷
AINEX SE-224-XTS
水冷
NZXT KRAKEN 280
空冷
AINEX SE-224-XTS
GPURTX 4070
MSI VENTUS 2X
メモリ32GB
DDR5-4800
32GB
DDR4-3200
ストレージ2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
レビュー
2TB Gen 4×4
CFD PG3NF2
電源750W850W850W

※Core i7の設定値は定格です。

  • i7-14700K PBP 125W/MTP 253W
  • i7-14700F PBP 65W/MTP 219W

ゲーム性能チェック

グラフィックスの重さが「軽い」「中程度」「重い」の3パターンで検証しました。

  • 【軽・重量級】フォートナイト
  • 【中量級】オーバーウォッチ2
  • 【中量級】ストリートファイター6
  • 【中量級】ブループロトコル
  • 【中量級】パルワールド
  • 【中量級】アーマードコア6
  • 【中量級】Diablo 4
  • 【中量級】龍が如く7 外伝
  • 【重量級】ファークライ6
  • 【重量級】アサシンクリードヴァルハラ
  • 【重量級】アサシンクリードミラージュ
  • 【重量級】スターフィールド
  • 【重量級】サイバーパンク2077

すべて当サイトによる計測値です。ゲームのバージョンやシステム構成によってスコアは変わります。

グラフの便利な使い方

【軽・重量級】フォートナイト

設定
  • 【画質1】DX11パフォーマンス
  • 【画質2】DX12最高+レイトレON
  • 【DLSS】バランス

「移動」「建築」「戦闘」をした平均フレームレート(同じリプレイファイルを使用)

2024年1月計測(チャプター5)

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

競技向けの「パフォーマンス設定」で7800X3Dがバグったようにフレームレートが上昇。ヘビーシューターなら7800X3Dがおすすめ

同じRTX 4070を使用しているとは思えないほど差が出ます。

Core i5は処理が追いつかなくなってフルHD/WQHDで変化なし(CPUボトルネックが発生)。

Core i5でも240fpsを超えるけど、RTX 4070の性能を限界まで引き出せていなく「もったいない」感じがします。

実際のところ600fpsとか必要な人は少ないと思いますけど、PCの性能を限界まで引き出せるのはキモチイイです。

グラフィックスの重いDX12モードだとフルHDでCPUパワーの差が出ますが、WQHD以上はGPU負荷が高くて誤差レベルとなります。

【中量級】オーバーウォッチ 2

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【高品質アップスケーリング】デフォルト
  • 【視野角】デフォルト(103)
  • 【レンダースケール】自動
  • 【NVIDIA REFLEX】有効+ブースト

同一リプレイファイルの同じシーンの平均フレームレート(5vs5の乱戦時)

2024年1月計測(シーズン8)

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

デフォルト画質である「ウルトラ」でもフルHD~4Kまで十分な速度です。

ガチなプレイヤーなら画質を下げると400fpsとか出ます。

星の数ほどあるゲームの中には7800X3Dと「少し」相性の悪いものがあるようです。

何度計測してもWQHDと4Kのスコアがイマイチでしたが、プレイ感に差はありません。

※相性の悪いゲームは他に見たことありません。極めて少ないと思われます。

【中量級】ストリートファイター6

設定
  • 【画質】HIGHEST

ベンチマークソフトで計測

どのCPUとの組み合わせでも、4Kまで上限の60fpsに張り付きプレイができます。

余裕の性能。

このゲーム専用マシンならCore i5が最もコスパ良いです。

【中量級】ブループロトコル

設定
  • 【画質】最高

ベンチマークソフトで計測

RTX 4070なら4Kまで引っかかるような動きは無く、「極めて快適」に遊べます。

このゲームは「DLSS」「レイトレーシング」といった新技術に対応していません。

こういったゲームは多いのですが、RTX 4070ならヌルヌルサクサク動作します。

GPU負荷の少ないフルHDでCPUパワーの差が出ますが、WQHD/4Kと解像度が上がるほど差がなくなります。

WQHD以上で遊ぶならCPUの価格差に見合った違いはなく、Core i5がコスパ良いです。

【中量級】パルワールド

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】バランス
  • 【その他】デフォルト

レベル50拠点内を走った平均フレームレート

2024年2月測定(v.0.1.4.1)

このゲームの高負荷なシーンは「戦闘中」や「フィールド内を探索中」ではなく、ある程度成長した「拠点内」だと思われます。

拠点で活動中に100fpsくらい出ていれば「戦闘」「移動」も快適に動作します。

検証時のバージョン(v.0.1.4.1)では、組み合わせるCPUによってフレームレートの伸びが大きく変わる珍しいゲームです。

フルHDで7800X3Dが狂ったようなフレームレートを出しますが、このゲームは100fpsくらい出ていれば十分快適なので、違いを体感できる人は少ないでしょう。

WQHD、ウルトラワイドで遊びたい人は7800X3Dがベスト。

4KはGPUの負荷が高すぎて誤差レベルになります。

【中量級】アーマードコア 6

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: armored-core6-photo7_1024_20230831_054230.jpg
設定
  • 【画質】最高
  • 【自動描画調整】ON

ARENA 28/Fで戦闘中の平均フレームレート

2024年1月計測(v.50)

DLSSに対応していないゲームですが、フルHD/WQHDで上限の120fpsで動作。

4Kでも対戦でなければ十分なフレームレートです。

特にウルトラワイドがすごい迫力なのでおすすめ。

ただ、7800X3DとCore i7-14700K/14700との差はありません。

普通に遊ぶなら、どのCPUとの組み合わせでも問題ないです。

【中量級】Diablo 4

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】バランス
  • 【フレーム生成】ON

キヨヴァシャド内の固定ルートを移動中の平均フレームレート

2024年1月計測(v.1.2.3.47954)

DLSS 3フレーム生成対応ゲームです。

ザコ敵が大量に沸く戦闘シーンでも4K/100fps前後で動作しました。

余裕の性能と言えるでしょう。

フルHD~ウルトラワイドまでCPUパワーの差が出ますけど、普通に遊ぶ分にはどのCPUでも体感差はありません。

【中量級】龍が如く7 外伝

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】AUTO
  • 【フレーム生成】ON

地獄チームランブルGOLD1で仲間が戦闘時の平均フレームレート(8人vs10人)

2024年1月計測(v.1.21)

「龍が如く7外伝 名を消した男」はDLSS 3フレーム生成+ウルトラワイドに対応。

激しい動きでもヌルヌル動作します。

どのCPUでも4Kまで十分なフレームレート。Core i5が一番コスパ良いです。

龍が如く8」もPCの要求スペックは同じなので、安心して遊べます。

【重量級】ファークライ6

設定
  • 【画質】最高
  • 【レイトレーシング】ON
  • 【FSR】OFF

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.7.0)

RTX 4070ならどのCPUでも4Kまで快適に遊べます。

こちらもCPUパワーがハッキリ出るゲームで、7800X3DだとフルHDで体感できるほどの差です。

WQHD以上になるとCore i7との差は少なくなります。

Core i5は90fpsくらいでボトルネックが発生。快適に遊べるフレームレートですけど、RTX 4070のパワーを活かせてないです。

DLSSに対応していないゲームですが、AMDのアップスケール技術「FSR」には対応。

FSRをONにするとGPUの負荷が下がってCPUが働きだします。

4K/FSR ONだと7800X3Dが119fps、i7-14700Kが106fps、i7-14700が105fps、i5-14400が87fpsでした。

【重量級】アサシンクリードヴァルハラ

設定
  • 【画質】最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.7.0)

このゲームはレイトレーシングとDLSSに対応していません。(FSRには対応)

レイトレ/DLSSに対応していない超重いゲームは、このくらいで遊べるという目安にしてください。

どのCPUとの組み合わせでも、快適に遊べるフレームレートです。

【重量級】アサシンクリードミラージュ

設定
  • 【画質】最高
  • 【解像度スケール】100%
  • 【アップサンプル】TAA

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.06)

ウルトラワイドまでなら最高画質で快適に遊べます。4Kは少し画質を調節すればOK。

GPU負荷の少ないフルHD/WQHDでCPUパワーの差が大きく出ます。

4KはGPU負荷が高くてCPUに仕事が回らず差が出ません。

【重量級】スターフィールド

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

視界の広い「広い場所」と、視界の狭い「狭い場所」を走った平均フレームレート

2024年1月計測(v.1.8.88)

DLSS 3フレーム生成対応ゲームです。

惑星・地上などの視界の開けた「広い場所」と、船内や洞窟みたいな「狭い場所」でフレームレートが大きく変わります。

計測時のバージョン(1.8.88)では、165fpsがフレームレートの上限になるようです。

CPUの違いによるフレームレートの差は誤差レベルでした。

【重量級】サイバーパンク 2077

設定
  • 【画質】レイトレーシングウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.2.1)

DLSS 3フレーム生成に対応しているゲームで、RTX 4070ならどのCPUでも快適に遊べます。

フルHDで7800X3DとCore i7が良いパフォーマンスですが、体感できるほどの差はありません。

もちろん、追加コンテンツの「仮初めの自由も」快適に動作します。

7800X3Dのゲーム性能まとめ

共通点として、重量級ゲームの4KはGPUの負荷が高すぎてCPUパワーの差が出ません

4Kのフレームレートを上げたいなら、CPUではなくGPUのランクを上げた方が良いです。

一番の難点は、どのゲームで7800X3Dの3D V-Cacheがえるか分からないことでしょう。

グラフィックの軽いゲームだとCPUパワーは良く乗りますが、そういったゲームの場合、RTX 4070のパワーだけで十分なフレームレートが出ていることが多いです。

逆に、ファークライ6のような重たいゲームでもバグったようにCPUパワーが乗ることもあります。

さらに、3D V-Cacheのドッカンターボが効かなくてもCore i7より優秀。

ちょっとギャンブル的な要素はありますが、最も面白いCPUです。

最高のゲーム環境を求めるなら7800X3Dがこれ以上ない「アガリのCPU」と言うことになります。

クリエイティブ性能チェック

動画編集、写真編集、AI画像生成の能力をチェックしました。

動画編集(Premiere Pro)

4KとフルHDで撮影した10分間の動画を編集してエンコードした時の処理時間です。

4K→4Kエンコード
YouTube 2160p 4KUHD
7800X3D+ RTX 4070
4分17秒
i7-14700K + RTX 4070
4分12秒
i7-14700 + RTX 4070
4分44秒
i5-14400 + RTX 4070
4分54秒
フルHD→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
7800X3D+ RTX 4070
1分13秒
i7-14700K + RTX 4070
1分10秒
i7-14700 + RTX 4070
1分23秒
i5-14400 + RTX 4070
1分25秒

どのCPUとの組み合わせでも、10分の実時間より早くエンコードできます。

さすがにCore i7-14700Kが最速ですが、7800X3Dとの差は微妙。

BTOパソコンによく採用されるCore i7-14700/Fよりかなり早いです。

RAW現像(Lightroom Classic)

Lightroom Classicを使って有効画素数2010万(SONY RX10M4)のRAWデータ100枚を現像しました。

RAW現像 100枚
7800X3D+ RTX 4070
19.49秒
i7-14700K + RTX 4070
17.36秒
i7-14700 + RTX 4070
21.32秒
i5-14400 + RTX 4070
25.84秒

こちらもCore i7-14700Kが最速。もっと複雑な処理をさせたら大きな差が出るでしょう。

ただ、7800X3Dも十分な速度だと思います。

書き出し条件はこちらです↓

画像形式JPEG
画質100%
解像度350px/インチ

AI画像生成(Stable Diffusion)

Stable Diffusionを使用して6枚の画像を生成しました。

設定・環境はこちら
  • Stable Diffusion Web UI v1.7.0
  • Python 3.10.9
  • xformers 0.0.20
  • 【Check Point】 YesMix v1.5
  • 【Lora】 Mikasa Ackerman
  • 【VAE】vae-ft-mse-840000-ema-pruned
  • 【Prompt】
    • masterpiece, best quality, highres, hmmikasa, short hair, black eyes, scarf, emblem, belt, thigh strap, red scarf, white pants, brown jacket, long sleeves, <lora:mikasa_ackerman_v1:0.7>, holding weapon, sword, dual wielding, three-dimensional maneuver gear, fighting stance, sky,
  • 【Negative prompt】
    • EasyNegative, lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, (worst quality:1.2), low quality, normal quality, jpeg artifacts, signature, watermark, username, blurry, lowres graffiti, (low quality lowres simple background:1.1),
  • 【Sampling method】DPM++ 2M Karras
  • 【Sampling steps】20
  • 【Width】512
  • 【Height】768
  • 【Batch count】6
  • 【CFG Scale】7
  • 【Seed】 1954368363

設定を合わせると同じ画像が生成されます。

Stable Diffusion
(512 x 768)x 6枚
7800X3D+ RTX 4070
13.4秒
i7-14700K + RTX 4070
13.3秒
i7-14700 + RTX 4070
13.3秒
i5-14400 + RTX 4070
13.7秒
i7-14700 + RTX 4070 SUPER
11.8秒
i7-13700+RTX 3060 12GB
28.1秒

CPUの違いによるパフォーマンスの差は誤差レベル。

AI画像生成はほとんどGPUパワーだけで動作するようです。

BingやLINEなどのクラウドを使った画像生成サービスよりも圧倒的に速く自分好みの絵を描けます。

RTX 4070/Tiのビデオメモリは12GBなので、AI画像生成の「中級者向け」といった位置付けです。

AI画像生成をはじめてみたい!

クラウドの生成サービスに不満がある!

と感じている人にとって十分な性能です。

超高画質・高解像度にこだわる人はビデオメモリ16GB以上を推奨します。(RTX 4090/4080が良い)

7800X3Dのクリエイティブ性能まとめ

思っていた以上に良いスコアで、めちゃくちゃクリエイティブ性能が弱いという感じはないです。

ただ、がっつりクリエイティブな作業をする人はCore i7-14700Kがおすすめ。

クリエイティブ作業よりもゲームプレイの比率が多い人は7800X3Dがおすすめです。

動作温度チェック

7800X3D(空冷)のCPU温度は以下のようになりました。

  • 【ゲーム】60〜70℃
  • 【4Kエンコード】約60~77.6℃

ゲームプレイ時はCPUの稼働率が少ないので60℃くらいで動作しますが、ロード中など未操作のときに70℃くらいまで上昇しました。

比較的CPUパワーを使う動画エンコード時でも80℃以下です。

RTX 4070Ti SUPERでテストしたとき、瞬間的にTjMAX値の89℃近くになることがありました。

TDP 105W以上のRyzen 7000シリーズは、どんなに冷却性能が高くてもTjMAX温度までブーストするので問題ありません。

基本的に空冷で問題ないと思いますが、CPUパワーを100%使うCPUベンチマークが好きな人は水冷にした方が安心でしょう。

※この結果はシステム構成によって変わります。

消費電力チェック

各CPU+RTX 4070を使ったシステム全体の消費電力を計測しました。

スクロールできます
RTX 4070ゲーム動画視聴アイドリング
7800X3D280〜295W70〜75W68〜70W
i7-14700K355〜430W70〜75W60〜65W
i7-14700315~335W70〜75W60〜65W
i5-14400300~325W65〜70W60〜65W

7800X3Dの消費電力はかなり優れていて、Cre i5よりも少ないです。

Core i7-14700Kは泣けてくるほど高い消費電力で、電力制限を解放してフルパワー状態にしたら280mm以上の水冷クーラーが必須&気絶するほど高い消費電力になります。

っていうか、今までCore i7を使ってて「これが当たり前」と思ってましたけど、Ryzenを使ってからCore i7-14700Kの消費電力はヤバイと思うようになりました。

計測方法はこちら

消費電力の測定はラトックシステムのRS-BTWATTCH2を使用。

リアルタイム計測データをcsv出力し、最小値と最大値を採用。

ゲーム】サイバーパンク2077/フルHD〜4Kまでの最小値と最大値

【動画視聴】Hulu

システム環境やゲームによって消費電力は変動します。

【まとめ】ゲーマーにとってアガリのCPU

まとめると、こんな感じです。

RTX 4070まとめ

  • フルHD/WQHDゲームを高画質/高フレームレートで楽しめる
  • 4K+レイトレONでも最高画質で60fps以上
  • DLSS 3対応ゲームなら無敵

7800X3Dまとめ

  • もっとも面白いCPU
  • ツボにハマるとクレイジーパフォーマンス
  • GPUの性能を100%出し切れる
  • 圧倒的に低い消費電力
  • クリエイティブ性能も悪くない
  • 4Kのフレームレートは上がらない
  • 導入コストが高い

7800X3Dの一番の魅力はRTX 4070のパワーを100%使いきれて、300Wを下回る消費電力です。

クリエイティブ系の処理はCore i7-14700Kに負けるけど、ゲームなら無敵と言えます。

もっとも痛いのは導入コストですね。

新規でソケットAM5環境を構築する人にとって、DDR5メモリとマザーボードの入れ替えは痛い出費です。

とはいえ、7800X3Dを使うと爆熱&狂った消費電力のCore i7-14700Kにまったく魅力を感じなくなります。

初期投資さえ乗り越えれば期待以上のパフォーマンスをゲットできるので、思い切ってAM5環境を構築するのがおすすめ。

その点、新規でBTOパソコンを買う人だったら、丸っと環境が手に入るので関係ないかな … と思います。

まとめると、7800X3Dはこんな人におすすめです。

  • ゲームの比率が多い人
  • 最強のCPUが欲しい人
  • 7800X3Dを使ってみたい人

冒頭にも書きましたが、ゲームとクリエイティブ作業の「両方を究極に」やり込める人間は存在しないです。

ゲームプレイの比率が多い人なら文句なしにおすすめ。

これ以上ないアガリのCPUです。

使用したグラフィックボードはこちら↓

Ryzen 7 7800X3D+RTX 4070のBTOゲーミングPC

Ryzen 7 7800X3D+RTX 4070のゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア XA7R-R47

CPURyzen 7 7800X3D
8コア16スレッド
GPURTX 4070
CPUクーラー
解説
水冷
240mm
メモリ
解説
16GB
DDR5-4800
ストレージ
解説
1TB
Gen 3 NVMe
M.2スロット数
解説
3個(空き2)
Gen 5×4 – 1(0)
Gen 4×4 – 1(1)

Gen 4×2 – 1(1)
マザーボード
解説
B650チップセット
高さ x 幅 x 奥行
解説
480 x 220 x 440
ミドルタワー
電源
解説
750W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
サポート
価格279,980
ポイント
  • 安心ブランド
  • 拡張性が高い
  • 納期が早い

人気No1ショップ ドスパラのRyzen 7 7800X3D+RTX 4070モデルです。

マザーボードにB650チップセットを採用した拡張性の高さが特徴。

メインのM.2 NVMe SSDスロットは次世代規格のGen 5×4に対応しています。

空きM.2スロットはGen 4×4とGen 4×2なので、ストレージの拡張性は十分。

もちろんCPUは水冷化されていて、長時間のゲームプレイに強い構成です。

\翌日出荷!すぐに遊べる!/

最強ゲームマシン!

PCパーツ・自作PCの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月16日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
269980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
294980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER
よかったらシェアしてね!
目次