Ryzen 7 7800X3DとRTX 4080のゲーム性能とベンチマーク Core i7-13700Kと比較レビュー

このページには広告が含まれています

最強ゲーミングCPUと評判の高いRyzen 7 7800X3Dと、RTX 4080を組み合わせた構成で「ゲーム性能」「クリエイティブ性能」「消費電力」を検証しました。

以下の構成と比較をしたので、CPUの違いによるパフォーマンスの差もわかります。

  • Core i7-14700K+RTX 4080
  • Core i7-13700+RTX 4080

ゲーミングPCの購入や、自作PCの構成を検討している人は参考にしてください。

目次

Ryzen 7 7800X3Dの特徴

7800X3Dを実際に使ってみて感じた特徴は、次の3つです。

  • 一番おもしろいCPU
  • ハマるとすごい
  • ヤバいほど省電力

大手メディアなどによる7800X3Dの評価は、このようになってます↓

  • ゲーム時のパフォーマンスが「究極に高い」
  • クリエイティブ性能が「弱い」

実際に使ってみたところ、クリエイティブ性能も十分なCPUでした。

そもそもゲームとクリエイティブ作業の「両方を究極に」やり込める人間って存在しないです。

ゲームする比率が多い人だったら、ゲームにめっぽう強いCPUの方が良いのでは?

ほとんどのCPUは「マルチにこなせる優等生」ばかりです。

特に人気&定番のインテルCoreシリーズは、グレードが上がるほど消費電力が高くなるデメリットがあります。

7800X3Dは上記のような流れに逆らった強烈な個性を持つのが最大の特徴です。

CPU性能をざっくり比較

定番のCPUベンチマークはこうなります↓

CPUの総合性能を計測する「Passmark」のスコアです。

同クラスのCore i7-14700Kに完敗で、BTOパソコンに採用されるCore i7-13700にも負けます。

さすがにCore i5-13400よりは高性能ですが、「どこが最強ゲーミングCPUなの?」と言いたくなるイマイチなスコア。

そもそもPassmarkやCinebenchなどのスコアは、CPU性能の大雑把な順番がわかるだけでゲームパフォーマンスの指標ではないものです。

ここでは7800X3Dが全体でどのくらいの順位なのかふ〜んと眺めるだけでOKです。

赤:優れている/青:劣っている

スクロールできます
7800X3DCore i7-14700K/KFCore i7-13700/F
Pコア数888
Eコア数X128
スレッド数162824
ベースクロック4.2GHz3.4GHz2.1GHz
ブーストクロック5.0GHz5.4GHz5.2GHz
L3キャッシュ96MB33MB30MB
TDP/PBP120W125W65W
PPT/MTP162W253W219W
最大温度
tjMAX
89℃100℃100℃
推奨CPUクーラー
(筆者基準)
空冷/水冷水冷空冷
参考価格
12月調査
51,000円前後63,000円前後
KFモデル
51,000円前後
Fモデル

7800X3Dはスペック表だけで判断すると飛び抜けて良くは見えません。

価格は発売時が72,000円くらいだったので、今はかなりコスパ良いと思います。

しかし、7800X3Dは96MBもの特盛りL3キャッシュ(3D V-Cache)を搭載しているのが最大のポイントで、キャッシュが効くゲームだと狂ったようなフレームレートになるのが特徴です。

その代わり発熱に弱く、特に最大温度が低いので高温になりすぎるとヤバいデメリットがあります。

限界温度まで余裕がない点は注意すべきポイントですが、しっかりエアフローを意識すれば空冷でも使えます。

また、実際に使ってみると電力効率が良く、競合するCore i7-14700Kよりかなり省電力なのも特徴です。

ちなみに、RyzenはEコア(高効率コア)を持っていないのがデメリットに見えますけど、ゲームだとPコア(パフォーマンスコア)が中心に動くのでほとんど影響はありません。

ライバルのCore i7-14700Kは12個もEコアを持ってますが、マルチコア性能をしっかり使っているアプリが「どれ」なのか謎で、実際のところ「そんなにコア数必要なの?」というのが正直な感想です。

RTX 4080の性能をざっくりチェック

主要GPUの3DMark Time Spyグラフです。

描画性能(ラスタライズ性能)だけで評価するとライバルのRadeon RX 7900XTX以下ですが、「レイトレーシング」「DLSS」が使えるゲームだとスコアは逆転します。

レイトレ/DLSSに対応していないゲームでも、前世代のハイエンド「RTX 3090Ti」を軽く超える性能。

4K/最高画質で100fps以上が欲しい人にとってRTX 4080が筆頭候補になります。

検証用PCのスペック

CPUの違いによるパフォーマンスチェックのため、同クラスのCore i7-14700KとBTOパソコンに採用されるCore i7-13700の構成と比較します。

スクロールできます
7800X3DCore i7-14700K
OSWindows 11 Home
ケース長尾製作所
オープンフレーム
アユート/長尾製作所
オープンフレーム
レビュー
マザーボードASRock B650M PG
Riptide WiFi
ASRock B760
Pro RS
レビュー
CPURyzen 7 7800X3DCore i7-14700K
CPUクーラー空冷
NZXT T120
水冷
NZXT KRAKEN 280
GPURTX 4080
Palit GameRock OC
メモリ32GB
DDR5-4800
32GB
DDR5-4800
ストレージ2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
→レビュー
2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
→レビュー
電源850W850W

Ryzen 7 7800X3Dは空冷、Core i7-14700Kは280mm水冷で検証。

※Core i7の電力設定値は定格です。(PBP 125W/MTP 253W

自作PCユーザーだとCore i7-14700Kを定格で使う人は少ないと思いますが、パターンは無限にあるのでデフォルト状態で比較します。

その他、関連記事より「Core i7-13700(姉妹CPU)+RTX 4080のベンチマーク結果」を引用します。

ゲーム性能チェック

グラフィックスの重さが「軽い」「中程度」「重い」の3パターンで検証しました。

  • 軽・重量級】フォートナイト
  • 【中量級】Apex Legends
  • 【中量級】ブループロトコル
  • 【中量級】アーマードコア6
  • 【重量級】ファークライ6
  • 【重量級】アサシンクリードヴァルハラ
  • 【重量級】アサシンクリードミラージュ
  • 【重量級】スターフィールド
  • 【重量級】サイバーパンク2077

すべて当サイトによる計測値です。ゲームのバージョンやシステム構成によってスコアは変わります。

グラフの便利な使い方

【軽・重量級】フォートナイト

設定
  • 【画質1】DX12最高+レイトレON
  • 【画質2】DX12高+レイトレOFF
  • 【画質3】DX11パフォーマンス
  • 【DLSS】バランス

「移動」「建築」「戦闘」をした平均フレームレート(同じリプレイファイルを使用)

↓タブを切り替えて見てください↓

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

フルHDはGPUの負荷が軽いのでCPUが良く働きます。7800X3Dとi7-14700Kが飛び抜けて良いフレームレートです。

ただ、グラフィックスに凝ったDX12モードだと、GPUの負荷が高くなって7800X3Dとi7-14700Kの差が少なくなります。特にRTX 4080が得意な4Kのフレームレートに違いはありません。

面白いのは、競技向けの「パフォーマンス設定」で7800X3Dがバグったようにフレームレートが上昇。

Core i7は処理が追いつかずフルHD/WQHDで変化なし(CPUボトルネックが発生)。

総合的に7800X3D+RTX 4080の組み合わせがベストですが、ガチなプレイヤーなら画質を落とすと思うので、もっとスペックの低いCPU+GPUの方がコスパ良いと思います。

とはいえ、7800X3Dの圧倒的パワーを感じるゲームです。

4K最高画質+レイトレーシングで、美しい映像をまったり楽しみながらカジュアルに遊びたい人に最適でしょう。

【中量級】Apex Legends

設定
  • 【画質】デフォルト(テクスチャ極など、ほぼ最高設定)

射撃場の固定ルートを30秒間走った平均フレームレートを計測

中量級ゲームの代表であるApex Legendsは、RTX 4080の場合WQHDでも上限の300fpsに張り付きます

もちろん、激しい撃ち合いのシーンではフレームレートは変動するものの、ガチなFPSゲーマーも納得のスコア。

このゲームはCPUの違いによるフレームレートの差は出にくいのですが、4Kでも7800X3Dがベスト。

とはいえ、どんなCPUの組み合わせでも4Kまで問題ありません。

WQHD/240Hzモニターと相性が良いですね。

【中量級】ブループロトコル

設定
  • 【画質】最高

ベンチマークソフトで計測

このゲームは「DLSS」「レイトレーシング」といった新技術に対応していません。

このようなゲームでもRTX 4080の野太いパワーで4K/120fps前後を記録。快適です。

GPUの負荷が軽いフルHDで7800X3Dのパワーが出てますが、RTX 4080だとフルHDで遊ぶのはもったいない気がします。

現実的にはWQHDか4Kで遊ぶ人の方が多いでしょう。

WQHD/4KだとGPUの負荷が高くなり、CPUの違いによるフレームレートの差は少なくなります。

とはいえ、総合的に7800X3Dがベスト!

【重量級】ファークライ6

設定
  • 【画質】最高
  • 【レイトレーシング】ON
  • 【FSR】OFF

ゲーム内のベンチマークモードで計測

CPUパワーがハッキリ出るゲームで、7800X3DだとフルHD〜UWQHDまで体感できるほどの差です。

Core i7はCPUボトルネックが発生してフルHD/WQHDのスコアがほぼ同じですが、7800X3Dだとまだまだ余裕がある感じ

Core i7だとRTX 4080のパワーを活かせてないです。

残念な点としては、4KだとGPU側にボトルネックが発生して、一番低スペックなCore i7-13700と変わらないスコア。

ウルトラワイドモニターを常用している人にとって7800X3Dはベストな選択だと言えます。

【重量級】アサシンクリードヴァルハラ

設定
  • 【画質】最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

このゲームはレイトレーシングとDLSSに対応していません。(FSRには対応)

国産のゲームや少し古いゲームだと、レイトレ/DLSSに対応していないものが多いです。

レイトレ/DLSSに対応していない超重いゲームは、このくらいで遊べるという目安にしてください。

GPU負荷の軽いフルHDで7800X3Dとi7-14700Kが良いスコア。

ただし、RTX 4080でフルHDゲームはもったいない気がします。

解像度を上げると7800X3DとCore i7の差は無くなります。

【重量級】アサシンクリードミラージュ

設定
  • 【画質】最高
  • 【解像度スケール】100%
  • 【アップサンプル】TAA

ゲーム内のベンチマークモードで計測

競技性の低いゲームなので、4Kまで快適に遊べます。

GPU負荷の少ないフルHD~UWQHDでCPUパワーの差が大きく出ます。

4KはGPU負荷が高くてCPUに仕事が回らず差が出ません。

【重量級】スターフィールド

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

視界の広い「広い場所」と、視界の狭い「狭い場所」を走った平均フレームレート

↓タブを切り替えて見てください↓

めっちゃくちゃ重たいゲームでしたが、DLSS3 フレーム生成対応にアップデートされて快適に遊べるゲームに生まれ変わりました。

惑星・地上などの視界の開けた「広い場所」と、船内や洞窟みたいな「狭い場所」でフレームレートが大きく変わります。

計測時のバージョン(1.8.88)では、165fpsがフレームレートの上限になるようです。

CPUの違いによるフレームレートの差は誤差レベルでした。

【重量級】サイバーパンク 2077

設定
  • 【画質1】レイトレーシングウルトラ
  • 【画質2】オーバードライブ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

ゲーム内のベンチマークモードで計測

↓タブを切り替えて見てください↓

RTX 4000シリーズのDLSS 3(フレーム生成)に対応しているゲームで、RTX 4080ならどのCPUでも4Kまで快適に遊べます。

パスレイトレーシングに対応したオーバードライブでも、4Kまで快適。

レイトレーシングウルトラのフルHDで7800X3Dとi7-14700Kが飛び抜けたスコアですけど、RTX 4080だとフルHDのパフォーマンスはどうでも良いかな … と思います。

WQHD以上になるとCPUの違いによるフレームレートの差はありません。

7800X3Dのゲーム性能まとめ

共通点として、重量級ゲームの4KはGPUの負荷が高すぎてCPUパワーの差が出ません

4Kのフレームレートを上げたいなら、CPUではなくGPUをRTX 4090にした方が良いです。

一番の難点は、どのゲームで7800X3Dの3D V-Cacheがえるか分からないことでしょう。

グラフィックの軽いゲームだとCPUパワーは良く乗りますが、そういったゲームの場合、RTX 4080のパワーだけで十分なフレームレートが出ていることが多いです。

逆に、ファークライ6のような重たいゲームでもバグったようにCPUパワーが乗ることもあります。

さらに、3D V-Cacheのドッカンターボが効かなくてもCore i7より優秀。

ちょっとギャンブル的な要素はありますが、最も面白いCPUです。

最高のゲーム環境を求めるなら7800X3Dがこれ以上ない「アガリのCPU」と言うことになります。

クリエイティブ性能チェック

動画編集と写真編集の能力をチェックしました。

Premiere Pro

4KとフルHDで撮影した10分間の動画を編集してエンコードした時の処理時間です。

4K→4Kエンコード
YouTube 2160p 4KUHD
7800X3D+ RTX 4080
4分07秒
i7-14700K + RTX 4080
4分02秒
i7-13700 + RTX 4080
4分34秒
i7-13700 + RTX 4070Ti
4分54秒
4K→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
7800X3D+ RTX 4080
3分32秒
i7-14700K + RTX 4080
2分53秒
i7-13700 + RTX 4080
3分57秒
i7-13700 + RTX 4070Ti
4分04秒
フルHD→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
7800X3D+ RTX 4080
1分14秒
i7-14700K + RTX 4080
1分11秒
i7-13700 + RTX 4080
1分22秒
i7-13700 + RTX 4070Ti
1分24秒

どのCPUとの組み合わせでも、10分の実時間より早くエンコードできます。

もっとも処理の重い4K→4Kエンコードで7800X3Dが大健闘。クリエイティブ性能はCore i5くらいと思ってたので、予想外の結果でした。

4K→フルHDエンコードだと、i7-14700Kがぶっちぎりのスコア。

とはいえ、7800X3Dも十分なパワーだと思います。

RAW現像

Lightroom Classicを使って有効画素数2010万(SONY RX10M4)のRAWデータ100枚を現像しました。

RAW現像 100枚
7800X3D+ RTX 4080
15.02秒
i7-14700K + RTX 4080
13.55秒
i7-13700 + RTX 4080
17.6秒
i7-13700 + RTX 4070Ti
21.11秒

どのCPUとの組み合わせでもサクサク処理できます。

さすがにCore i7-14700Kが最速ですが、7800X3Dも良いスコアだと思います。

書き出し条件はこちらです↓

画像形式JPEG
画質100%
解像度350px/インチ

7800X3Dのクリエイティブ性能まとめ

他にもクリエイティブ系アプリはたくさんありますが、どれもGPUが中心に仕事をするので「Premiere Proの結果と大きく変わらない」と思われます。

総合的にCore i7-14700Kがベスト。

7800X3Dは思っていた以上に良いスコアで、めちゃくちゃクリエイティブ性能が弱いという感じはないです。

ただ、がっつりクリエイティブな作業をする人はCore i7-14700Kがおすすめ。

クリエイティブ作業よりもゲームプレイの比率が多い人は7800X3Dがおすすめです。

動作温度チェック

エンコード中の最大温度

7800X3DのCPU温度は以下のようになりました。

  • 【ゲーム】65〜75℃
  • 【エンコード】最大85.1度

※この結果はシステム構成によって変わります。参考程度にしてください。

ゲームプレイ時はCPUパワーをあまり使わないので温度は低め。

CPUパワーを70%ほど使う動画エンコード時にTjMAX値の89℃近くまで上昇しました。

TDP 105W以上のRyzen 7000シリーズは、どんなに冷却性能が高くてもTjMAX温度までブーストするので問題ないです。

7800X3Dはゲームやクリエイティブな使い方なら空冷でOKですが、CPUベンチマークが好きな人は水冷にした方が安心でしょう。

消費電力チェック

各CPU+RTX 4080を使ったシステム全体の消費電力を計測しました。

スクロールできます
ゲーム動画視聴アイドリング
7800X3D355〜420W95〜100W85〜90W
i7-14700K455〜530W80〜85W70〜75W
i7-13700345〜450W80〜85W70〜75W
i7-13700
(RTX 4070Ti)
335〜380W75〜85W65〜70W

Eコアを持つCore i7シリーズがアイドリングと動画視聴で良いスコア。

しかし、ゲームだと7800X3Dがベストで、処理能力の差を考慮するとかなり優れています。

Core i7-14700Kは泣けてくるほど高い消費電力で、電力制限を解放したら360mm水冷クーラーが必須&気絶するほど高い消費電力になります。

っていうか、今までCore i7を使ってて「これが当たり前」と思ってましたけど、Ryzenを使ってからCore i7-14700Kの消費電力はヤバイと思うようになりました。

計測方法はこちら

消費電力の測定はラトックシステムのRS-BTWATTCH2を使用。

リアルタイム計測データをcsv出力し、最小値と最大値を採用。

ゲーム】サイバーパンク2077/フルHD〜4Kまでの最小値と最大値

【動画視聴】Hulu

システム環境やゲームによって消費電力は変動します。

まとめ|ゲーマーにとってアガリのCPU

まとめると、こんな感じです。

RTX 4080まとめ

  • WQHDゲームを最高画質/高フレームレートで楽しめる
  • 4K+レイトレONでも最高画質で100fps以上
  • DLSS 3対応ゲームなら無敵
  • フルHDだとオーバースペック

7800X3Dまとめ

  • もっとも面白いCPU
  • ツボにハマるとクレイジーパフォーマンス
  • GPUの性能を100%出し切れる
  • 圧倒的に低い消費電力
  • クリエイティブ性能も悪くない
  • 4Kのフレームレートは上がらない
  • 冷却に気をつかう
  • 導入コストが高い

7800X3Dの一番の魅力はRTX 4080のパワーを100%使いきれて、420Wを下回る消費電力です。

クリエイティブ処理はCore i7-14700Kに負けるものの、個人の趣味レベルなら十分なパフォーマンス。

総合的にゲーム好きだったらCore i7より7800X3Dの方がおすすめです。

もっとも痛いのは導入コストですね。

新規でソケットAM5環境を構築する人にとって、DDR5メモリとマザーボードの入れ替えは痛い出費です。

とはいえ、7800X3Dを使うと爆熱&狂った消費電力のCore i7-14700Kにまったく魅力を感じなくなります。

初期投資さえ乗り越えれば期待以上のパフォーマンスをゲットできるので、思い切ってAM5環境を構築するのがおすすめ。

その点、新規でBTOパソコンを買う人だったら、丸っと環境が手に入るので関係ないかな … と思います。

まとめると、7800X3Dはこんな人におすすめです。

  • ゲームの比率が多い人
  • 最強のCPUが欲しい人
  • 7800X3Dを使ってみたい人

冒頭にも書きましたが、ゲームとクリエイティブ作業の「両方を究極に」やり込める人間は存在しないです。

ゲームプレイの比率が多い人なら文句なしにおすすめ。

これ以上ないアガリのCPUです。

使用したグラフィックボードはこちら↓

他のGPU組み合わせはコチラ

Ryzen 7 7800X3D+RTX 4080のゲーミングPC

セール品を狙うとお得です。

【セール中】サイコム G-Master Spear X670A

マザーボード
標準構成より変更
ASRock B650 Pro RS
CPU
標準構成より変更
Ryzen 7 7800X3D
8コア16スレッド
CPUクーラー空冷
サイドフロー式
GPU
標準構成より変更
RTX 4080 SUPER
Manli製
メモリ
標準構成より変更
32GB
DDR5-4800
ストレージ
標準構成より変更
2TB
Gen 4 NVMe
Clucial T500
高さ x 幅 x 奥行493 x 220 x 506
ミドルタワー
電源
標準構成より変更
850W
80PLUS GOLD
その他
カスタム
光学ドライブを削除
サポート
参考価格382,420円
ポイント
  • カスタムし放題
  • 高品質パーツで武装
  • 納期が10日ほど
  • 見た目が派手なPCが好きな人

サイコムは数あるBTOメーカーの中でも自作代行と言えるほどカスタムの幅が広いショップです。

サイコムの看板モデル「G-Master Spear X670A」をRyzen 7 7800X3D + RTX 4080 SUPERにカスタム。

Ryzen 7 7800X3Dの場合、マザーボードはそれほど高性能でなくても良いのでB650チップセットにダウングレード。

CPUファンは最高級ブランドのNoctua製で、SSDは読込6600MB/sの爆速タイプを2TBの特盛りに調整。

パーツ構成は極上で、自分好みにアップグレード/ダウングレードが自由自在。

サイコムPCの使用感については関連記事を参考にしてください↓

春のセール開催中!(4/22まで)
  • 送料無料
  • 1TB/2TB SSD 5,000円 OFF
  • などなど

セール詳細はこちら

じぶん好みのPCにしよう!

こだわり派におすすめ!

【セール中】サイコム Premium Line X670FD-A

マザーボード
標準構成より変更
ASRock B650 Pro RS
CPU
標準構成より変更
Ryzen 7 7800X3D
CPUクーラー水冷
240mm
GPU
標準構成より変更
RTX 4080 SUPER
Manli製
メモリ
標準構成より変更
32GB
DDR5-4800
ストレージ
標準構成より変更
2TB
Gen 4 NVMe
Crucial T500
高さ x 幅 x 奥行475 x 240 x 547
ミドルタワー
電源
標準構成より変更
860W
80PLUS Platinum
サポート
参考価格416,430円
ポイント
  • カスタムし放題
  • 最高級ケースを採用
  • 2年保証
  • 無償オーバーホールサービス
  • パーツアップグレードサービス
  • 納期が10日ほど

サイコムの最上級グレード「Premium Line」の製品で、パーツを交換しながら末長く使えるようプランされたモデル。

CPUはゲーミングパフォーマンスが究極に高いRyzen 7 7800X3D。

CPUクーラーは240mm水冷タイプを標準搭載。

マザーボードはコスパに優れたB650チップセットにダウングレード。

電源は変換効率に最も優れた80PLUS PLATINUM。

ケースはFractal DesignのDefine 7を採用。

私もMicro ATX版のDefine 7を使用してますが、非常に所有感が高くて使いやすいケースです(レビュー)。

パーツ構成が良く、価格は自作するのと大きく変わらないと思います。

春のセール開催中!(4/22まで)
  • 送料無料
  • 1TB/2TB SSD 5,000円 OFF
  • などなど

セール詳細はこちら

じぶん好みのPCにしよう!

最高を求める人におすすめ!

ドスパラ ガレリア XA7R-R48S

CPU
ベンチマーク
Ryzen 7 7800X3D
8コア16スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4080 SUPER
CPUクーラー
解説
水冷
240mm
メモリ
解説
16GB
DDR5-4800
ストレージ
解説
1TB
Gen 3 NVMe
M.2スロット数
解説
3個(空き2)
Gen 5×4 – 1(0)
Gen 4×4 – 1(1)
Gen 4×2 – 1(1)
マザーボード
解説
B650チップセット
高さ x 幅 x 奥行
解説
480 x 220 x 440
ミドルタワー
電源
解説
1000W
80PLUS PLATINUM
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
サポート
価格428,980
クーポン適用価格
ポイント
  • 安心ブランド
  • スーパーCPU搭載
  • GPUの性能を100%使い切れる
  • 納期が早い

マザーボードにB650チップセットを採用したバランスの良い性能が特徴。

もちろんCPUは水冷化されていて、長時間のゲームプレイに強い一台です。

表示価格より11,000円引き!

クーポンコード

Ryzen7k2024

最初のRは大文字です

4月15日 10:59まで有効

翌日出荷!すぐに遊べる!

最強ゲームマシン!

PCパーツ・自作PCの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月12日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
268980円RTX 4070Ryzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
283980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER
よかったらシェアしてね!
目次