ドスパラとフロンティアはどっちが良いの?|価格・評判・サービスを比較してみた

このページには広告が含まれています
左:ドスパラ
右:フロンティア(旧モデル)

人気No.1のゲーミングPCショップ「ドスパラ」と、ヤマダ電機グループの「フロンティア」はどちらが良いのか?

  • 同じスペックのPCで価格比較
  • 注文時のカスタム性の比較
  • 保証などのサービス比較
  • 品質比較
  • 評判比較

上記の項目を調査しましたので、気になる人はこの先をお読み下さい。

目次

ドスパラとフロンティアの特徴をざっくりチェック

まずはさくっと両ショップの特徴を整理します。

ドスパラ

人気No.1のBTOショップ

  • 翌日〜3日程度で出荷
  • CPUとGPUの組み合わせが50パターン以上ある
    • 好みの性能のPCを選べる
    • 入門者〜ヘビーゲーマー、クリエイターまでOK
  • 延長保証などの初心者向けサポートが充実(一部有料)
  • メルマガ、無料セミナーなどサービスが充実
  • 独自のポイントシステムがある
    • ドスパラの買い物で使える
    • Steamでゲームと交換できる←すばらしい
  • はじめてゲーミングPCを買う人、スペックにこだわりがある人におすすめ

デメリット】

  • フロンティアより価格が高い
  • 割引セールが少ない
    • ポイント還元キャンペーンを開催することがある
  • 不定期に値上げ・値下げ・商品の入れ替えがある
    • 価格が不安定
      ∟ 時期によって2〜3日ごとに価格が変わる
    • 購入のタイミングが難しい
      ∟ 迷っていると値上げに直撃することがある
      ∟ 迷っていたら値下げされてラッキーなことも
      ※他のショップも不定期に価格・商品調整をしてます
  • 見た目がすべて同じ
    • オリジナル感/個性が弱い
      ∟ 大と中サイズの2モデルのみ
フロンティア

ヤマダ電機グループのBTOショップ

  • セールは常時開催していて、在庫切れになっても翌日に補充される
    • 実質的に最安のPCショップ
  • セールに強く、他のショップより数万円も安くゲットできる
  • セール品の値上げ・値下げ・商品の入れ替えは「毎週 金曜日」と決まっている
    • 購入に迷っても、金曜日までゆっくり考えることができる
    • 値上げ・値下げ幅は5,000円以内で、ドスパラより価格が安定している
    • 価格の調整は年末・お盆・金曜日が祝日を除く
  • シンプルからド派手な見た目まで多様なラインナップ
    • 10種類ほど見た目の違う機種がある
  • PCの買い換え、買い増しをする人におすすめ

デメリット】

  • セール品以外は高い
    • 通常モデルは高すぎておすすめできない
      ∟ 実質的にセールだけのショップ
  • 定番スペックのPCしか選べない
    • こだわる人はドスパラの方が良い
    • ハイスペックPCならドスパラの方が豊富
  • 納期が3日〜10日程度
    • ドスパラよりは遅いが、他のショップと同じレベル

私が購入した時は3日で到着しました。

時期や機種により変動すると思いますが、十分に早いと思います。

どっちが安い?|人気&定番モデルの価格比較

ドスパラとフロンティアのミドル〜ハイスペックまで、同じような構成のPCを比較してみました。

ミドルスペック|Core i5+RTX 4060Ti

スクロールできます

フロンティア
GXシリーズ

ドスパラ
RM5C-R46T
CPUCore i5-14400FCore i5-14400F
GPURTX 4060TiRTX 4060Ti
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
32GB16GB
ストレージ
解説
1TB500GB
マザーボード
解説
microATX
B760
microATX
B760
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 3×4 – 1(1)
2個(空き1)
Gen 4×4 – 2(1)
電源
解説
600W650W
高さx幅x奥行347x215x401425x220x440
価格168,980185,980円
詳しく見る詳しく見る
【豆知識】電源の容量って少ない方が省電力?

どのメーカーのPCも電源はある程度の余裕があるものを搭載しています。

1〜2台のストレージ追加や、たくさんのUSBデバイスを繋げる程度なら変更する必要はありません。

注意点として、650Wと850Wの電源を比較した場合、650Wの方が省電力!・・・というわけではないです。

カバーできる容量の目安なので、CPU/GPU/メモリなどのパーツが同じなら消費電力に違いはありません。

いつか自分で上位のGPU/CPUに交換したいと思っている人は、850Wを選べば安心です。

電源には80PLUS BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUMなどの電力変換効率を表すグレードがあります。

上位グレードに変えてもPCの処理能力が上がるわけではありません。

特にこだわりがなければ、80PLUS GOLDが最もコスパが良いです。

フルHDゲームに強い構成で、これからPCゲームを始めたい人におすすめです。

フロンティアは高さ約35cmなキューブ型の小型ケースが特徴。メモリとストレージ容量が多く、カスタム不要で使い始められるスペックです。

ドスパラは最小限の構成ですけど、ストレージの拡張性は優れています。

総合的に見るとフロンティアの方がお買い得です。

その他のRTX 4060Ti搭載PCについては関連記事にまとめています↓

ミドルハイスペック|Core i7 + RTX 4070 SUPER

スクロールできます

フロンティア
GAシリーズ

ドスパラ
XA7C-R47S
CPUCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPERRTX 4070 SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
32GB32GB
ストレージ
解説
1TB1TB
マザーボード
解説
ATX
B760
ATX
B760
M.2スロット数
解説
3個(空き2)
Gen 4×4 – 2(1)
Gen 4×2 – 1(1)
3個(空き2)
Gen 4×4 – 2(1)
Gen 4×2 – 1(1)
電源
解説
850W750W
高さx幅x奥行465x200x470480x220x440
価格249,800円299,979円
詳しく見る詳しく見る

WQHD解像度に強い構成で、がっつり対戦ゲームをやり込みたい人、オープンワールド系のアクションゲームが好きな人におすすめです。

画質をちょっとだけ落とせば4Kでもサクサク動かせる性能で、価格と性能のバランスが良く一番オススメの構成です。

スペックはどちらも同じなので、見た目だけ違うと思って良いでしょう。

ミドルハイスペックモデルも圧倒的にフロンティアの方がお得です。

その他のRTX 4070 SUPER搭載PCについては関連記事にまとめています↓

ハイスペック|Core i7+RTX 4070Ti SUPER

スクロールできます

フロンティア
GAシリーズ

ドスパラ
XA7C-R47TS
CPUCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4070Ti SUPERRTX 4070Ti SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
32GB32GB
ストレージ
解説
1TB1TB
マザーボード
解説
microATX
B760
ATX
B760
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 4×2 – 1(1)
3個(空き2)
Gen 4×4 – 2(1)
Gen 4×2 – 1(1)
電源850W750W
高さx幅x奥行457x210x465480x220x440
価格279,800338,980円
詳しく見る詳しく見る

4Kゲームまでサクサクこなせる高性能モデルです。

フロンティアはマザーボードに小型のmicroATX版を採用して価格を下げています。そのためストレージの拡張性が低いのがデメリット。

ドスパラはストレージの拡張性が高く、長く使える安心スペックです。

とはいえ、フロンティアのスペックでも一般的には問題ありません。

圧倒的にフロンティアの方がお得だと思います。

その他のRTX 4070Ti SUPER搭載PCについては関連記事にまとめています↓

ドスパラでしか買えないモデル

スクロールできます

ドスパラ
XA7R-R47S

ドスパラ
ZA7C-R48S
CPURyzen 7 7800X3D
(水冷)
Core i7-14700KF
(水冷)
GPURTX 4070 SUPERRTX 4080 SUPER
メモリ16GB
(DDR5)
32GB
(DDR5)
ストレージ1TB
(Gen 4)
1TB
(Gen 4)
電源750W1000W
高さx幅x奥行465x200x470480x220x440
価格311,980円399,980円
詳しく見る詳しく見る

ドスパラはCPUとGPUの組み合わせが豊富で、ヘビーゲーマーやクリエイターが喜ぶハイエンドモデルがあります。

  • Ryzen 7 7800X3Dモデル
  • CPU型番にKが付くハイエンドモデル
  • DDR 5メモリ
  • Gen 4対応爆速ストレージ
  • RTX 4080モデル

フロンティアのセール品には、いわゆる「定番スペック」なモデルしか存在しません。

ゲーマーに超人気なRyzen 7 7800X3Dモデルや、インテルCPUのハイエンドクラスなどはフロンティアの定番モデルより1ランク上のパフォーマンスで、パーツ構成も素晴らしいです。

特にCPUにRyzenを採用したラインナップが多く、性能は定番のインテルCPUモデルより高くて価格も安いのが特徴。

せっかく買うなら良い物を」と思っている人にはドスパラをおすすめします。

カスタム性の比較

左:ドスパラ(水冷モデル)
右:フロンティア(空冷モデル)

注文時のカスタム性の高さを比較しました。

CPUにCore i7-14700F、GPUにRTX 4070Ti SUPERを搭載したモデルで比較してみます。

スクロールできます
フロンティア
GHシリーズ
ドスパラ
XA7C-R47T
水冷CPUクーラー
に交換
メモリ増設
SSD容量変更
高速SSDへ交換
2台目の
NVMe SSD増設
電源容量の変更

基本的にカスタム性は両社に大きな差はありません。

ドスパラは水冷クーラーを数種類から選べるようになっています。

ただ、ドスパラは電源容量が標準的、フロンティアは選ぶモデル(ケース)によって水冷CPUクーラーに変更できないといった、両社共に微妙なデメリットはあります。

【豆知識】水冷の方が性能は良いの?

BTOパソコンに採用されるCPU「Core i7-14700/F」と「Core i5-14400/F」の場合、水冷と空冷の違いによる性能差はありません。

見た目だけ違うと思ってください。

上記CPUの場合、空冷で問題ありません。

ハイエンドBTOパソコンや自作ユーザーに好まれる「Core i7-14700K/KF」「Core i5-14600K/KF」(CPU名にKが付くモデル)は、発熱がすごいので水冷クーラーが必須です。

簡易水冷クーラーの特徴
  • カッコいい、ロマンを感じる
  • CPUの発熱が空冷式より5℃くらい下が
  • CPU周りがスッキリする
  • 仕組みが大掛かりになる→価格UP
  • 高負荷時の動作音が大きい(安い水冷クーラーの場合)
空冷クーラーの特徴
  • 安くて高性能
  • シンプルな構造で故障しにくい
  • BTOパソコンなら問題ない冷却性能
  • CPUまわりが狭くなる
  • 高負荷時に水冷クーラーよりも発熱する

水冷はCPUの熱で温まった水がラジエーターに循環し、ファンの風力を使って水温を下げる仕組みです。(大掛かりな空冷みたいなもの)

多くの場合、ファンの数は空冷PCよりも1つか2つ多くなるのと、中〜高負荷時にポンプ動作音がします。

(基本的にファンの数が多いほど動作音は大きくなる)

1万円程度の安価な水冷クーラーは、ポンプ動作音が大きいことがあるので注意。

水冷だと静音というわけではなく、普段使いなら「空冷の方が静か」です(ほぼ無音)。

最近の空冷ファンはすごく高性能で、CPU温度が90度以上の危険な領域に達することはありません。

どちらも良い点があるのでお好みで選んでください

サービスの比較(有料)

ドスパラ・フロンティア共に無料のサポートデスクがあります。

>>フロンティアサポート(10:00〜19:00)

>>ドスパラサポート(09:00〜21:00)

上記のサポート内容だけだと不安な人は有料サービスの検討をおすすめします。

なお、ドスパラ・フロンティア共に1年間の無償保証が付いています。

スクロールできます
フロンティアドスパラ
セーフティサービス
24時間 電話&リモートサポート付き
自然故障+過失(水濡れ+転倒など)
X月額980円
電話+リモートサポート有料チケット制
09:00~21:00のみ
詳細はこちら
延長保証
自然故障のみ
3年2〜5年
不要パソコン下取り
初期設定代行X
出張設置X
出張修理X
データー復旧
クラウドバックアップ

総合的にドスパラの方が優秀です。

フロンティアは出張修理サービスがあるのがポイント。故障時にPCを手放したく無い時に便利です。

サポートが重要な人なら、ドスパラを選んでおいた方が良いでしょう。

PCスキルは人によってかなり違います。

お金をかけて「すべておまかせ」ってのもありです。

逆に、ある程度スキルのある人なら無料サポートで十分だと思います。

延長保証の必要性ですが …

PCをある程度使ったことがある人なら延長保証は不要だと思います。

ゲーミングPCは普通のパソコンと違って耐久性の高いパーツで作られています。

正しい使い方をしていればトラブルが起きることはありません。

とはいえ、保険の価値観は人によって違うので、どうしても不安な人はドスパラを選んだ方が良いです。

PCを壊さないための設置方法やメンテナンスのコツは、こちらの記事を参考にしてください↓

品質とパーツ構成の比較

左:ドスパラ(水冷モデル)
右:フロンティア(空冷モデル)

PCを自作したことがある人なら分かると思いますが…

汎用的なPCパーツを組み上げるだけなので、品質に違いはありません。

組み上げの丁寧さについても、メーカーによって差が出るほどの難易度ではないです。

ただ、実機レビューや仕様を確認している中で感じたことですが、使用しているパーツはドスパラの方が少し良いものを使っています。

ドスパラ空冷モデル
ミドルタワー型

ドスパラの冷却ファンは大型で静音な14cmがデフォルトになっています。

特にミドルタワー空冷モデルは14cm排気ファンを2台も標準装備しているのがポイント。

水冷モデルも排気ファンに14cmが1つ使われています。

フロンティア空冷モデル
ミドルタワー型

フロンティアは見た目の違うシリーズが多いですけど、中身のパーツは同じものを使っていて、ファンは一般的な12cmです。

ファンのサイズが大きいほど低回転で多くの風を送り出せるので、実際に使ってみるとドスパラの方が「冷却性」と「静音性」が高いです。

「冷却性」と「静音性」を重視するならドスパラの方が良いと思います。

評判の比較

ドスパラ・フロンティア共にネット上には悪いコメントを見かけますが、人は悪いことだけを広めたがる習性があります。

逆に、良い評価というのは「あたりまえ」のことなので、埋もれてしまうのです。

残念なことに、初期不良に関してはどのメーカーでもまれに・・・発生します。

実際に両社を使っている私の感想としては、両方ともしっかりした企業なので、ネットの評判は「アテにしない」ことをおすすめします。

単純に価格やサービスの比較だけで決めるのがおすすめです。

なぜドスパラは人気No.1なの?

ドスパラの強みは納期が早いだけではありません。

e-Sportsイベントや大手メディアからYouTuberなど、企業や影響力のある個人への協力関係に力を入れています。

そのため口コミなどの評判がすごく良いです。

また、スマホの専用アプリがあるなど時代に合わせた販売戦略が上手です。

全国に店舗を次々と展開していて、お店で触って店員に相談できるのもポイント。

簡単に言うと、「商売が上手」な会社だからNo.1になっています。

一般的には「店舗経営に力を入れる→設備投資や給料などのコストが増す=PCの価格が高くなる」という流れになるのが弱みでしょうか。

一方でフロンティアはどうかと言うと、ドスパラほど商売上手ではない印象です。

宣伝やメディア関係者との協力関係がドスパラより弱く、完全にパワー負けしてます。

店舗については一部のテックランド(ヤマダ電機)になりますが、ドスパラの方が実際に触って体験できるショップが圧倒的に多いです。

ほぼオンライン販売に特化したブランドなので、余計なコストをカットできるのが強みですね。


世の中にはいろいろなタイプの人がいます。

1日でも早く欲しいものを手に入れたい人

価格は高くても親切丁寧で納得できれば良い人

品質が同じなら少しでも安い方が良い人

ドスパラとフロンティアは、上記パターンの人にガッツリ当てはまるショップだと思います。

結局どっちがいいの?2024年5月まとめ

2024年5月の評価としては以下のようになります。

フロンティアがおすすめな人
  • コスパ重視
  • 定番スペックでOK
  • ドラブルを自分で解決できる
ドスパラがおすすめな人
  • 納期重視
  • サポートが必要
  • スペックにこだわりたい
  • お店で実機を見て店員さんに相談したい

以下はドスパラとフロンティア両方を利用している私の感想です。

定番スペックのPCを買うだけならフロンティアがおすすめ。

少しでも不安がある人、こだわりがある人、納期やサポートが重要な人はドスパラが良いです。

どちらも良いPCですのでお好みで選んでください。

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年5月24日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
124800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB500GBPC工房
153980円RTX 4060Ryzen 5 7500F16GB500GBドスパラ
157800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
164800円RTX 4060Ryzen 5 7500F16GB1TBマウス
168980円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
168980円RTX 4060TiRyzen 5 7500F16GB500GBドスパラ
174980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
184800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
199980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB
(32GB)
1TB日本HP
239800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
255800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB1TBフロンティア
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB
(32GB)
1TB日本HP
264980円RTX 4070Ti SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
268980円RTX 4070SPRyzen 7 770016GB1TBドスパラ
269660円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
274980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
292800円RTX 4070Ti SPRyzen 7 7800X3D32GB1TBフロンティア
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB2TBフロンティア
300980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
324050円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER

PCパーツの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源
よかったらシェアしてね!
目次