フロンティアゲーミングPC購入レポート

このページには広告が含まれています

ヤマダ電気グループのBTOショップ「フロンティア」でゲーミングPCを購入しました。

このページでは、実際に感じたフロンティアの特徴や、気になった点をまとめています。

  • 実機レビューを見たい
  • どんなモデルがあるの?
  • 納期はどのくらい?
  • デメリットは?

フロンティアでPCの購入を検討している人は参考にしてください。

目次

どんなモデルがあるの?

私が購入した2022年11月時点では、3モデルしかありませんでした。

2023年になってラインナップを増やし、今では好みに合わせた見た目の製品を選べるようになっています。

ちなみに、私が購入したモデルは「旧GAシリーズ」です。

スクロールできます
シリーズ名特徴サイズ
高さx幅x奥行
性能

GXシリーズ
シンプルな見た目

小型

水冷CPUクーラー非対応
拡張性が低い
ミニタワー
356x190x421
〜ミドルスペック

GKシリーズ
シンプルな見た目

小型

水冷CPUクーラー非対応
拡張性が低い
ミニタワー
347x215x401
ミドルスペック

GTシリーズ
シンプルな見た目

小型

水冷CPUクーラー非対応
拡張性が低い
ミニタワー
407x217x439
〜ミドルスペック

旧GAシリーズ
シンプルな見た目

拡張性が高い

ミドルタワーとしては小型

水冷CPUクーラー非対応
ミドルタワー
423x200x485
〜ミドルスペック

GAシリーズ
シンプルな見た目

拡張性が高い

白と黒から選べる

水冷CPUクーラー対応
ミドルタワー
457x210x465
〜ハイスペック

GHシリーズ
LED装飾に対応
ガラス側面パネル

拡張性が高い

白と黒から選べる

水冷CPUクーラー対応
ミドルタワー
465x200x470
〜ハイスペック

MFシリーズ
シンプルな見た目
LED装飾に対応
ガラス側面パネル

高品質パーツを使用
拡張性が高い

水冷CPUクーラー対応
ミドルタワー
474x215x438
〜ハイスペック

GHLシリーズ
ド派手な見た目
LED装飾に対応
ガラス側面パネル

拡張性が高い

白と黒から選べる
水冷CPUクーラー非対応
ミドルタワー
465x200x470
〜ハイスペック

GLシリーズ
ド派手な見た目
LED装飾に対応
ガラス側面パネル

拡張性が高い

白と黒から選べる
水冷CPUクーラー対応
ミドルタワー
465x200x470
〜ハイスペック

MFGシリーズ
ド派手な見た目
LED装飾に対応
ガラス側面パネル

高品質パーツを使用
拡張性が高い

白と黒から選べる
水冷CPUクーラー対応
ミドルタワー
497x231x474
〜ハイスペック
【豆知識】水冷の方が性能は良いの?

BTOパソコンに採用されるCPU「Core i7-14700/F」と「Core i5-14400F」の場合、水冷と空冷の違いによる性能差はありません。

見た目だけ違うと思ってください。

上記CPUの場合、空冷で問題ありません。

ハイエンドBTOパソコンや自作ユーザーに好まれる「Core i7-14700K/KF」「Core i5-14600K/KF」(CPU名にKが付くモデル)は、発熱がすごいので水冷クーラーが必須です。

簡易水冷クーラーの特徴
  • カッコいい、ロマンを感じる
  • CPUの発熱が空冷式より5℃くらい下が
  • CPU周りがスッキリする
  • 仕組みが大掛かりになる→価格UP
  • 高負荷時の動作音が大きい(安い水冷クーラーの場合)
空冷クーラーの特徴
  • 安くて高性能
  • シンプルな構造で故障しにくい
  • BTOパソコンなら問題ない冷却性能
  • CPUまわりが狭くなる
  • 高負荷時に水冷クーラーよりも発熱する

水冷はCPUの熱で温まった水がラジエーターに循環し、ファンの風力を使って水温を下げる仕組みです。(大掛かりな空冷みたいなもの)

多くの場合、ファンの数は空冷PCよりも1つか2つ多くなるのと、中〜高負荷時にポンプ動作音がします。

(基本的にファンの数が多いほど動作音は大きくなる)

1万円程度の安価な水冷クーラーは、ポンプ動作音が大きいことがあるので注意。

水冷だと静音というわけではなく、普段使いなら「空冷の方が静か」です(ほぼ無音)。

最近の空冷ファンはすごく高性能で、CPU温度が90度以上の危険な領域に達することはありません。

どちらも良い点があるのでお好みで選んでください

CPUとGPUが同じモデルなら、見た目が違うだけで性能は同じです。

PCの大きさによってマザーボードのサイズが違ったり、水冷クーラーが標準搭載といった違いはあります。

2023年の後半になってミドルタワータイプのPCに小型のマザーボード(microATXサイズ)を採用ししたモデルも出始めました。

メリットは価格が安いこと。デメリットはNVMe SSDの拡張性が弱いことです。

マザーボードの違いは詳しくないとサッパリわからないので、関連記事から基礎知識をチェックすることをおすすめします↓

購入したモデルの特徴

私が購入したモデルは旧GAシリーズで、既に販売終了モデルとなっています。

主なスペックはCore i7-12700/RTX 3070/1TB SSD/32GBメモリでした。

実際に使って感じた「良い点」と「残念な点」がこちらです。

ここが良い!
  • ぶっちぎりに「安い」
  • 3日で届いた!
  • ミドルタワーだけど小さい
  • 安心の大容量メモリ
  • 動作音が静かだった
ここが残念!
  • ケースの内部構造が古い

ケースの内部構造が古い点だけ・・気になりましたが、大きなデメリットのないPCでした。

現在は新デザインのケースを採用したモデルが販売されているので、デメリットは無いです。

納期について|3日で届いた

ネットの評判で「フロンティアの納期は遅い」といった情報を見かけますが、ウソっぱちです。

注文からわずか3日で届きました。

  • 2022年11月2日 05:22 注文&支払
  • 2022年11月4日 17:54 出荷完了
  • 2022年11月5日 09:34 受け取り

注文ページに出荷目安が表示されているのでチェックしておきましょう。

11月2日注文時

11月2日の注文時は9日の出荷予定でしたが、実際は5日も早く出荷されたことになります。

時期や機種によって変動すると思いますが、十分に早いです。

ちなみに、注文時にストレージ追加などのカスタムは一切していません。

最新モデルのレビューリンク集

大手メディアの「アスキー」さんが、最新モデルのレビューを公開しています。

CPUとGPUが同じ機種の場合、見た目が違うだけで性能は同じです。

GAシリーズ

  • Core i7-14700F
  • RTX 4070Ti SUPER

>>レビュー(アスキーの記事)

GKシリーズ

  • Core i7-14700F
  • RTX 4070 SUPER

>>レビュー(アスキーの記事)

GLシリーズ

  • Core i7-13700F
  • RTX 4070

>>レビュー(アスキーの記事)

HLBシリーズ

  • Core i7-13700F
  • RTX 4070Ti

>>レビュー(アスキーの記事)

購入したモデルの開封チェック

私が購入したモデルは既に販売終了となっていますが、どんな状態で届くのかPC内部がどうなっているのか参考にしてください。

基本的には新モデルも変わらないはずです。

↑シンプルな箱で到着しました。

↑内容物はこれだけです。

個人的にはシンプルで好感が持てます。

↑電源ケーブルや保証書類など。

再インストールに便利なDSP版のWIndows 11 DVDが付属しています。

DSP版 Windowsとは?

・Windowsのシリアル番号がマザーボードに紐付ひもづけされるライセンスのこと。基本的にすべてのBTOメーカーのPCは、安いDSPライセンスを使用しています。

・メモリの増設やCPU/GPUの交換などでライセンスが無効になることはありませんが、マザーボードを交換するとライセンスが無効になります。悪く言うと「使い捨てのライセンス」です。

・よくあるパターンとして、BTOパソコンから自作PCにステップアップした時に、違うマザーボードを使うと今まで使用していたDSPライセンスは使えなくなるので注意。この場合、新規でWindowsを買う必要があります(15,000円くらい)。

ケース

タップして拡大
タップして拡大

↑派手さのないシンプルなデザインです。

正面の上段にBlue-rayドライブなどに使える5.25インチベイ、下段には3.5インチベイ。

背面に12cmの排気ファンがあります。

タップして拡大
タップして拡大

↑向かって左側にGPUを冷やす吸気穴。

右側面には吸気穴が無いので、横置きも可能だと思います。

前面はヘアライン処理がしてあって、安っぽくなく良い感じです。

天面に空気穴はありません。

↑ケース前部には電源ボタンのほかにUSB Type-A x 4ポートなど、よく使うインターフェイスを配置。

最近はUSBインターフェイスなどがケース天面にあって、コネクターが上向きになっているPCケースも多いです。

好みの問題ですが、本機のように前面にあるとホコリ侵入の心配がないので良いと思います。

↑正面の下段はヘキサブロックなデザインの吸気穴。

内部に12cmの吸気ファンがあります。

高さは42.3cmで、ぱっと見はPS5とほぼ同じ。思っていた以上に小さかったです。

本機はミドルタワー型ですが、ミドルタワーに明確なサイズ基準はありません。

ちなみに、左側のでかいPCが一般的なミドルタワー(サイコム製)になります。

奥行きの実測値は47.5cm。

さすがにゲーム機と比べると大きいですが、RTX 3090クラスの巨大なグラボも内蔵できる余裕があります。

底面に吸気穴はありません。

タップして拡大
タップして拡大

裏配線に対応していないケース(表配線)ですが、配線は目立たずキレイにまとめられています。

裏配線のケースは内部の配線を美しくしたい人に向いてますけど、サイズが少し大きくなってメンテナンス性は表配線より低いです。

表配線の方がパーツ交換はやりやすいけど、配線が目立つデメリットがあり。

どちらも良い点があるので好みの問題になります。

ハードディスクなどを増設するドライブベイは充実しています。

  • 5.25インチ外部 x 1
  • 5.25インチ内部 x 1
  • 3.5インチ外部 x 1
  • 3.5インチ内部 x 5
  • 2.5インチ内部 x 1

2.5インチの内部ベイはどこにあるのか迷いましたが、こんな所にあってビックリしました↓

↑ケースの裏からネジ4本を使って固定します。

ドライブベイの設計に古さを感じるケースですが、セッティングが決まればケースを開けることはほとんど無いので、シンプルで良いかな … と思いました。

シンプルなおかげで一般的なミドルタワーよりも小さいサイズ感はすごく良いです。

ただし、LED装飾して内部をおしゃれに見せるようなケースではありません。

ちなみに、フロンティアはオンラインでパーツの交換方法などを公開しています。

気になる人はチェックしてください↓

>フロンティア GAシリーズメンテナンスマニュアル


電源ユニットは日本製コンデンサーを採用し、このクラスのPCとしてはかなり余裕のある850W 80PLUS GOLDを搭載。

たくさんのストレージ追加や、将来的に自分でCPUやグラボを上位モデルに変えても十分に余裕のある性能です。

マザーボード

ゲーミングPCの基礎パーツになるマザーボードにはASRock製のH670 PG Riptideが採用されています。

ゲーマー向けのマザーボードで耐久性が高く、インテル第12世代Coreプロセッサーとの組み合わせで100%の性能を発揮。

新型の第13世代Coreシリーズにも対応しているので長く現役で使えます。

グラボの性能を最大限に引き出せる最新のPCI Express 5.0規格に対応。

NVMe SSDを取り付けるM.2スロットは3つあります。(1つは使用済み)

2つある空きM.2スロットのうち1つにはヒートシンクが装着済み。

USBはType-A x 6と、10Gbpsの高速データ通信に対応したType-AとType-Cを1つずつ搭載しています。

他の多くのBTOショップでは、使用するマザーボードの型番まで公開していません。

フロンティアのようにマザーボードの型番まで公開しているショップは珍しいです。

パーツに詳しい人にとっては、購入前にどのくらいの性能なのか分かるので安心。

マザーボードのマニュアルは付属しませんが、ASRockのサイトからダウンロードできます。

>H670 PG Ripitideのマニュアルリンク

CPUファン

AINEX SE-224-XTA

CPUファンはサイドフロー式で、CPUの熱をケース背面のファンから強制排出します。

私が購入したモデルはAINEXの「SE-224-XTA」でした。

時期により内容は変わります

プラス2,200円で冷却効率の優れたDeepCool AK400にアップグレード可能でしたが、交換するか非常に迷いました。

結局、ファン音がうるさければ自分で交換しようと判断し、SE-224-XTA+標準CPUグリスで購入。

結果はSE-224-XTAでも静かで十分な性能でした。(Amazonなどで評価をチェックすると、良いレビューが多いです)

時期によっては、最初からDeepCool AK400が搭載されていることもあるようです。

動作音については、この記事の後半にある動画をチェックしてください。

GPU|RTX 3070

グラボはMSIのVENTUS 2X 8G OC LHRが搭載されていました。

低負荷時にファンは回転せず、ゲームなどの高負荷時でも動作音は静かです。

グラボの指定はできないので、注文時期によっては違うものになっているかもしれませんが、どのグラボでもハズレは無いと思います。

動作音については、この記事の後半にある動画をチェックしてください。

ストレージ性能

1TB NVMe SSDの転送速度は読み書き約3,000MB/sでした。

ほぼ、NVMe Gen 3の限界スコアなので非常に高速です。

OSやゲームの立ち上がりは速く、ストレスはありません。

転送速度にこだわる人は、注文時のカスタムで3,500MB/s以上のGen 4SSDに交換できます。

ただし、実際にGen 4対応の爆速SSDを使ってみると、数100GB単位のファイルコピー/移動ではハッキリ差が出るものの「ゲームや日常使いだと、ほとんど違いが分からない」です。

迷ったら標準のままで良いと思います。

ストレージ速度の目安
単位:MB/s
NVMe Gen 5×4 SSD(M.2)
〜12,000
NVMe Gen 4×4 SSD(M.2)
〜7,000
NVMe Gen 3×4/4×2 SSD(M.2)
〜3,500
NVMe Gen 3×2 SSD(M.2)
〜1,700
SATA SSD(M.2/2.5インチ)
〜550
HDD(3.5/2.5インチ)
〜200

※最速のGen 5×4は価格と発熱がすごいので普及してません。マニア向けです。

Gen 3×2以上であればゲームのインストール先として十分な性能です。

動作音と消費電力

↓動作音と消費電力をチェックした動画です。(1分40秒程度)

状態騒音値消費電力
アイドル時30db以下
日常生活音
65W以下
ゲーム時46db
扇風機の「弱〜中」
310W以下
騒音値の目安
21〜35dbささやき声
36〜40db日常生活の音
41〜45db扇風機の「弱」
46〜50db扇風機の「中」
51〜55db扇風機の「強」
うるさく感じる
56db以上かなりうるさい
不快な音

消費電力は自分でNVMe SSDを2台追加した後の測定なので、実際は300W以下で動作するはずです。

拡張しまくったり、3DCG作成などかなりハードな使い方をすれば300Wを大きく超えるでしょう。

騒音については動画の0分55秒あたりで46dbになりますが、音の発生源はグラボのファンです。

CPUファンの音は普通の使い方ならまったく気にならず、よほどイジワルなテスト(BIOSから電力制限設定/PL1をMAXに変更)をしない限り問題ないレベルでした。

フロンティアではたまにCPUファンのアップグレードセールを開催しますが、Core i7-12700Fなら一番安いファンで十分だと思います。

思っていた以上に静かなPCでした。

机の下に設置した場合、音はほどんど気にりません。

おすすめカスタマイズ

フロンティアのPCは、カスタマイズなしでも基本性能が高いのがポイント!

私は自作PCもしてますが、フロンティアのパーツ選定はすごく良いと思います。

安すぎるパーツは使わず、一般的なユーザーには高性能すぎるパーツも使っていません。

注文時に迷いそうな点は、CPUクーラーのアップグレードとグリスの変更です。

好みの問題ですが、デフォルトのままで十分だと思います。

また、ストレージの容量は2TBあると安心です。

フロンティアではたまに「SSDアップグレード応援キャンペーン」を開催します。

キャンペーンを開催していたらチャンス。Amazonとかで単品を買うのと同じくらいの価格です。

もし、予算に余裕があれば2TBに増設をおすすめします。

自分で増設する場合、AmazonとかでPS5用のSSDを選べばOKです。

圧倒的コスパ!フロンティアはこんな人におすすめ

フロンティアのPCは、高性能でありながら他の人気ショップよりも圧倒的なコスパが特徴です。

以下のような人におすすめです。

  • 高性能で安いPCが欲しい人
  • 納期の早いPCが欲しい人
  • 個性のある見た目のPCが欲しい人

総合的に他の人気ショップより優れた点が多いです。

ぜひ、フロンティアのPCをゲットして、極上のゲームライフを満喫してください。

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月16日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
269980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
294980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER

PCパーツの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源
よかったらシェアしてね!
目次