ドスパラ ガレリア XA7Cシリーズのケース・パーツ構成のレビュー

このページには広告が含まれています

ドスパラ ガレリア「XA7C」シリーズのケースとパーツ構成について解説します。

CPUにCore i7-14700Fを採用したモデルが対象です。

目次

「XA7C」と「RA7C」の違い

ガレリアシリーズには「XA7C」のほかに、見た目が同じ「RA7C」というシリーズがあります。

主な違いはこちら

  • メモリ容量
  • ストレージ容量
  • マザーボード

メモリとストレージについては注文時にカスタムできますけど、マザーボードは交換できないので注意。

XA7Cシリーズのマザーボード

ATXサイズ(拡張性が高い)

RA7Cシリーズのマザーボード

microATXサイズ(小型)

ぱっと見で分かると思いますが、NVMe SSDを増設するM.2スロットの数が違います。

NVMe SSDをいくつ使いたいかが重要なポイントになりますけど、2つあれば十分な人は多いです。

ガレリアの価格は変わりやすく、時期によってはRA7Cシリーズを注文時にカスタムした方が安いことがあるので、しっかりチェックしてください。

より詳しい「RA7C」シリーズのマザーボードの解説はこちらの記事をチェック↓

「XA7C」シリーズの外観

SKケース(ATX)スタンダード(ガンメタリック)Ver.2

↑シンプルかつ高級感のあるケース。

派手さはないもののきの来ない優れたデザインだと思います。

ケースって毎日「見る」「さわる」パーツです。

安い買い物ではないので、ぜひ見た目にもこだわって他メーカーのPCもチェックしてください。

ガレリアシリーズは年齢や性別を問わず、幅広いユーザーに人気があるのも納得できます。

↑大きさは一般的なミドルタワーサイズ。

ゲーム機よりは大きいものの、巨大という感じはありません。

左側面の一部がアクリルパネルになっていて、内部が見れるようになっています。

↑天面は全体が通気口になっていて、PC内部の熱気を効率的に排出。

ホコリの侵入を防ぐフィルターが内蔵されています。

↑正面のインターフェイスは電源ボタン、リセット、USB Type-A 5Gbps x 4、音声入出力。

ななめに角度が付いているので、手を伸ばしてアクセスしやすいです。

また、Blue-Rayドライブなどで使える5.25インチベイが1つあります。需要は少なくなったとはいえ、必要な人にとっては重宝するでしょう。

↑USB Type-Cポートが無いのは残念なポイントですが、Type-A→Type-C変換アダプターを使えば困ることはありません。

↑サイドパネル前方にある吸気口。

ホコリの侵入を防ぐため、青い部分はメッシュ加工されています。

背面インターフェイス
  • USB 2.0 Type-A x 2
  • USB Type-C(5Gbps)
  • USB Type-A(5Gbps)x 3
  • 有線LANポート(2.5Gbps)
  • 音声入出力
映像出力ポート
  • HDMI x 1
  • DisplayPort x 3

一般的な使い方なら必要十分なインターフェイスです。

無線LANは内蔵していませんが、注文時にカスタムして追加できます。

↑底面にはスライド式の「ほこりフィルター」があります。

↑正面のLEDは好みの色に変更できます。

もちろん、消灯することも可能です。

「XA7C」シリーズの内部

写真のグラフィックボードはRTX 4070

↑キレイに配線されていて、スッキリした見た目。

↑CPUクーラーは評判の良いDeepCool製のサイドフロー式。

背面と上面に14cmの大型ファンを搭載し、CPUとケース内の熱を効率的に排出。

ファンのサイズが大きいほど低回転で多くの風を送り出せるので、「冷却性」と「静音性」が高いメリットがあります。

他メーカーのPCは一般的な12cmファン1台のことが多く、標準で大型ファンを2台も搭載しているのは素晴らしいです。

↑前方の吸気ファンも大型で静音な14cmファンが1台。素晴らしいです。

↑マザーボードはASRock製で、型番はドスパラ専用の「B760 TW/D4」です。

チップセットは価格と性能のバランスに優れたB760を採用。

主な拡張性

  • DDR4メモリ x 4(空き2)
  • Gen 4×4 M.2 x 2(空き1)
  • Gen 4×2 M.2 x 1
  • SATA x 4
  • PCIe 4.0×16(グラフィックボード)
  • PCIe 3.0×16
  • PCIe 3.0×1 x 2

↑空き拡張スロットは4つありますが、①はグラフィックボードで使用します。

②はグラフィックボードが干渉するので使えません。

空きM.2スロットは2つあり、1つは超高速なGen 4×4(約7,000MB/s)に対応。

もう1つはGen 4×2(約3,500MB/s)で、増設はグラフィックボードを取り外す必要があります。

Gen 4×2 SSDの増設は面倒に見えますが、他のPCも同じレイアウトなので普通です。

その他、SATAポートが4つもあるので拡張性は十分と言えるでしょう。

↑下段にハードディスク用の3.5インチドライブベイが2つ。

↑マザーボード裏側に配線が集中しています。

↑側面に2.5インチのドライブベイが2つ。

↑下段に電源ユニット。

未使用のケーブルはキレイにまとめられています。

容量はモデルによって650Wか750Wになりますが、ストレージを2〜3台くらい追加する程度ならカスタムする必要はありません。

標準の容量で不安に思った人は関連記事をチェックしてください↓

動作音について

↑XA7C-R47(Core i7-13700F+RTX 4070)の動作音と消費電力を測定した映像です。

40秒ほどの映像なので、サクッと確認できます。

スクロールできます
状態騒音値消費電力
ゲーム39db
日常生活の音
320~330W
エンコード38db
日常生活の音
260~270W
動画視聴32db
ささやき声
60~70W
アイドリング32db
ささやき声
50~60W
GPUはRTX 4070

消費電力はRTX 4070モデルの場合、重たいゲームをWQHD/最高画質で動かして330Wほど。

RTX 4070Tiだとゲームとエンコードで+40Wほど多くなります。(動画視聴など軽い処理は変わりません)

動作音は「まったく気にならないレベル」で、ゲームだとコントローラーやキーボードの操作音しか聞こえません。

ネット閲覧や動画視聴のような普段使いだと「無音」で動作します。

総合すると、素晴らしい静音性です。

騒音値の目安(タップして見る)
21〜35dbささやき声
36〜40db日常生活の音
41〜45db扇風機の「弱」
46〜50db扇風機の「中」
51〜55db扇風機の「強」
うるさく感じる
56db以上かなりうるさい
不快な音

おすすめカスタマイズ

予算に余裕がある人や自分でカスタムするのが不安な人は、以下のオプションがおすすめです。

  • 32GBメモリに変更
  • 2TBストレージに変更

クリエイティブな作業もしたい人は、32GBメモリにすると安心。

最新ゲームをたくさんインストールしたい人は、ストレージが2TBあるとかなり長く使えます。

その他、Wi-Fiや「延長保証」の追加など、使用する環境に合わせて柔軟にカスタム可能です。

ちなみに、CPUクーラーは水冷にしなくても十分な性能でした。

好みの問題ですが、標準の「静音パックまんぞくコース」で十分です。

メリットとデメリット

ここまでのメリットとデメリットをまとめると、次のようになります。

ここが残念!
  • Wi-Fiがオプション
  • 前面にUSB Type-Cが無い
ここが良い!
  • 上質なケース
  • 飽きのこないデザイン
  • メンテナンス性が高い
  • 動作音が静か

価格は他メーカーのセール品より少し高めですけど、上質なケースや14cmファンを3台搭載するなど、パーツ構成の良さに注目すれば妥当だと思います。

その他、Wi-Fiがオプションなのと、ケース前面にUSB Type-Cが無いのが気になりましたが、致命的な問題にはならないでしょう。

デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多く、多くの人が満足できるPCだと思います。

【まとめ】ケースとパーツ構成の評価

XA7Cシリーズは「所有感の高いデザイン」「上質なパーツ構成」が魅力のゲーミングPCです。

ケースについては、見た目の好みはあるかもしれませんが、非常に所有感が高くて「かっこいい」と思います。

パーツ構成については、一般的なユーザーには高性能すぎるパーツを使用していないのが好印象です。

かといって安すぎるパーツを使っていないのもポイント。

他メーカーのPCではあまり見かけない14cmファンを3つも標準搭載するなど、大事なところはしっかりしていて素晴らしいです。

また、ケース内部は余裕があるので熱気がたまりにくく、メンテナンス性も良好。

ストレージの拡張性も十分に考えられていて、不満を感じる人はほとんどいないでしょう。

まとめると、ガレリアXA7Cシリーズは以下のような人におすすめです。

  • 動作音が静かなPCが欲しい人
  • 高品質で所有感の高いPCが欲しい人
  • メンテナンス性と拡張性の高いPCが欲しい人

ぜひ、ガレリアをゲットして極上のゲーム体験を楽しんでください。

\ 翌日出荷!すぐに遊べる!/

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月16日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
269980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
294980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER

PCパーツの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源
よかったらシェアしてね!
目次