小型ゲーミングPCのおすすめ4月版 PS5サイズと省スペースBTOパソコンの選び方を完全解説

このページには広告が含まれています
  • ゲーミングPCが欲しいけど、大きいタワー型はちょっと …
  • PS5くらいの小型ゲーミングPCは無いの?

PS5は2020年の発売当時、誰もがひっくり返るほどのハイスペックでした。

しかし、あっという間に最新ゲーミングPCよりも低スペックに … (><)

そこでこの記事では、PS5よりも高性能で小型のゲーミングPCをご紹介します。

また、小型ゲーミングPCを選ぶ注意点も解説していますので、気になる人はぜひお読みください。

しっかり読んで「お宝モデル」をゲットしよう!

目次

ミニゲーミングPCを選ぶポイントと注意点

ミニタワーはPS5と同じくらいの高さ
高性能でメンテナンスもしやすい

せっかくゲーミングPCを買うならPS5よりも高性能なモデルを選びましょう。

選ぶ上で絶対に死守すべきスペックと注意点を3つ解説します。

① ポータブルタイプの注意点

流行りのポータブルゲーミングPCは、デスクトップ型やノート型と比較してもかなり性能は低いです。

基本的には以下のような感じです。

  • ゲームの画質を落とす必要あり
  • 重たいゲームは解像度を落とす必要あり
  • バッテリーの持ちが少なめ

ただし、そもそも画面サイズが7〜8インチと小さいので、画質や解像度を落としても気にならないです。

設定次第で十分に遊べます。

がっつりゲームをやり込む人には向いていませんが、カジュアルに楽しむ人、ガジェットが好きな人におすすめです。

② グラボはGeForce RTX 3060以上!

せっかくPCでゲームするならグラフィックスにこだわって、120fps以上のフレームレートを目指したいところです。

PS5を超える性能なら、RTX 4060以上のグラボをおすすめします。

性能の低すぎるグラボ(GTX 1660系など)だと、最新のゲームを満足に遊べないので注意!

その他の主要GPUとPS5との比較は、こちらの記事をチェック↓

③ 小型ゲーミングPCのデメリットをチェック!

省スペースで小型のゲーミングPCにはデメリットが3つあります。

  1. 価格が高め
  2. 排熱効率が悪い
  3. パーツの交換が難しい

① 価格が高め

大型のゲーミングPCは大量生産された汎用のケースやパーツが使えるので、価格が安くなります。

しかし、小型ゲーミングPCは専用パーツが多くなり、総合的にコスパが悪くなることは覚えておきましょう。

② 排熱効率が悪い

小型ケースのPCはどうしても排熱効率が悪くなって、冷却ファンの回転音が大きくなります。

NetflixやYouTubeなどの動画鑑賞や日常使い程度であれば全く問題ありませんが、ゲームをするとファンが最大風量で回転し、機種によってはかなり「うるさい」ので注意しましょう。

特にPS5のような細長いPCは、音がうるさくなりがちです。

ただし、冷却ファンの音については、ヘッドホンをしてゲームをする人なら全く問題のないデメリットです。

③ パーツの交換が難しい

奥行き30cm以上あるとメンテしやすい

小型PCといっても基本的には汎用のパーツを小さい専用ケースに入れた製品がほとんどです。

しかし、ストレージ(SSD、HDD)やメモリの交換は比較的やりやすいのですが、グラボやCPUの交換はかなり難しいです。

特にグラボについては小さめのサイズとか、専用のステーを使って取り付けている場合が多く、交換するにはかなり気を使います。

CPUの交換も小型ケースに合う冷却ファンが少なくて、汎用の高効率ファンが使えないパターンが多いです。

また、電源も専用品を使っている場合が多いので、CPUやグラボの交換で電源容量が足りなくなって動作が不安定、起動しないなどのトラブルが発生することがあります。

こういったトラブルを避けるには、予定より高いスペックのPCを買うか、パーツ交換がしやすいケースを採用したモデルを選んでください。

ミニタワー(PS5くらいの身長)まで候補に入れた方が良いです。

失敗しないゲーミングPCの選び方

その他の注意点として、一般的なゲーミングPCの選び方を簡単に解説します。

初めての方や買い替えを検討されている人は、ぜひ参考にしてください。

おすすめCPUランキング

CPUはGPUの性能を引き出す重要なパーツです。

それぞれ特性が違うので何を選んでも良いというわけではありません。

今、選ぶなら以下の5つがおすすめです。

【1位】Core i5-14400F/13400F

ミドルクラスゲーミングPC用のCPU。

10コア16スレッド(パフォーマンスコア:6+高効率コア:4)の第14世代Core i5。一昔前のCore i7に匹敵する性能。

ゲーム時のパフォーマンスはCore i7と大きく変わらない。

カジュアルにゲームを楽しみたい人は、このCPUでOK。

Core i5-14400とi5-13400の性能差はほとんど無いので、安い方がおすすめ。

>Core i5-14400Fの実機ベンチマーク

【2位】Ryzen 7 7800X3D

ハイスペックゲーミングPC用のCPU。

Zen4世代の最新モデルで、ゲーム時のパフォーマンスが究極に素晴らしく、消費電力も低い。

総合的にライバルのCore i7を圧倒する性能

CPU選びに悩むことがなくなるコレ以上無いアガリの一品。

価格は高いが選ぶメリットが多く、特にゲームする比率が多い人におすすめ

>Ryzen 7 7800X3Dの実機ベンチマーク

【3位】Core i7-14700/13700(F)

ミドル〜ハイスペックゲーミングPC用のCPU。

第12世代のCore i7-12700のマイナーアップデート版で、高効率コアとキャッシュメモリなどが強化。

多くのBTOパソコンに採用される定番CPU。

がっつり対戦FPSゲームをやり込む人、趣味のクリエイティブ作業をしたい人におすすめ。

Core i7-14700とi7-13700の性能差はほとんど無いので、安い方でOK。

>Core i7-14700の実機ベンチマーク

【4位】Ryzen 7 5700X

ミドルクラスゲーミングPC用のCPU。

8コア16スレッドで動作するZen3世代のハイクラスCPU。上位の5800Xに迫るパフォーマンスでありながら消費電力を抑えたモデル。総合パフォーマンスはライバルのCore i7より少し劣るものの、PCの価格は2〜3万円ほど安くてコスパが素晴らしく良い。

世代の古いCPUのためマザーボードの規格も少し古く、ストレージ(NVMe SSD)の拡張性が弱い。

>Ryzen 7 5700Xの実機ベンチマーク

【5位】Core i7-14700K/13700K(KF)

ハイスペックゲーミングPC用のCPU。

姉妹モデルのCore i7-14700/Fより動作クロックが高く、フルHD/WQHDで飛び抜けたゲームパフォーマンスと高いクリエイティブ性能が特徴。

オーバークロックや電力制限の解放など、詳しい人ならCPUの秘めたパワーを引き出せる楽しみもあり。

性能は良いけど発熱しやすくて消費電力が高いのがデメリット。基本的に水冷クーラーを推奨。

ゲームだけでなく、クリエイティブな活動もする上級者におすすめ。

>Core i7-14700K/13700Kの実機ベンチマーク

CPUパワーの差が出る例

高性能なCPUを選んでも期待した性能が出ないことがあるので注意。

フォートナイトのフレームレート計測結果
フォートナイト

↓タブを切り替えて見てください↓

すべて当サイトによる計測値

テスト環境

  • 【CPU】Ryzen 7 7800X3D、Core i7-14700K/14700F、Core i5-14400F
  • 【GPU】RTX 4070 SUPER
  • 【MEM】32GB

フォートナイトを例にします。

グラフィックスに凝った「DX12モード」だと、GPU負荷の少ないフルHDでCore i7/Ryzen 7が良いスコア。WQHD以上になるとGPUの負荷が高くてCPUに仕事が回らず差が出ません。

一方で、グラフィックスの軽い競技向けの「パフォーマンスモード」だと、高性能なCPUであるほどフレームレートが伸びます。

Core i5/Ryzen 5がおすすめの人

  • カジュアルにゲームを楽しみたい人
  • コスパ重視の人
  • グラフィックスに凝ったゲームが好きな人
  • WQHD/4Kでゲームをしたい人

Core i7/Ryzen 7がおすすめの人

  • フルHDで高いフレームレートを出したい人
  • 競技性の高いFPSゲームをがっつりやり込む人

フルHDやグラフィックスの軽いゲームは、CPUとGPUの連携が速まってフレームレートが大きく上昇する傾向があります(※すべてのゲームとは限りません)。この場合、Core i7/Ryzen 7が良いです。

逆に、WQHD/4Kやグラフィックスに凝ったゲームは、GPUの負荷が高すぎてCPUがひましていることが多く、フレームレートが伸びません。この場合、Core i5/Ryzen 5で十分です。

自分がどのような遊び方なのかチェックして、ベストなCPUを選んでください。

  • CPU末尾のFとかKって何?
  • ゲーミングPCのCPUの役割って?

と思った人は、関連記事をチェック↓

おすすめGPUランキング

ゲームも年々進化して、より高性能なPCを要求してきます。

長く現役で使うために、なるべく1ランク上のGPUを選ぶのがおすすめ。

迷ったら以下の2つが「価格」「性能」「消費電力」のバランスに優れています。

GeForce RTX 4070 SUPER

WQHDゲームに強く、4Kでも十分に使える性能。

20~25万円くらいのPCを探している人におすすめ。

>RTX 4070 SUPERのゲーム性能をチェク

>RTX 4070 SUPERのおすすめPCまとめ

GeForce RTX 4060Ti

フルHDゲームにめっぽう強く、画質の調整次第でWQHDでもかなり高いフレームレートで遊べる。

15〜20万円くらいのPCを探している人におすすめ。

>RTX 4060Tiのゲーム性能をチェック

>RTX 4060TiのおすすめPCまとめ

RTX 4070 SUPERより上位のグラボにしてもゲームだと体感できる差はほとんど無いです。

グラボのグレードを下げて、あまったお金を周辺機器やゲームの購入費に回すのがおすすめ。

より詳しい性能やPS5などとの比較、レイトレーシングについては、こちらの記事を参考にしてください↓

おすすめのストレージ容量は?

遊びたいゲームが決まっている人や、自分でストレージを追加できる人は500GB SSDで十分です。

仕事・学校など、1日の限られた時間の中だと遊べるゲームって3本くらいが「人間の限界」だと思います。

「遊び終わったらアンインストール!」っていう運用なら500GBもあれば十分な人は多いでしょう。

ただし、最近のゲームは100GB以上の大型タイトルが多いのと、たくさんのゲームをインストールしたい人や動画編集など多目的に使う人は2TBあると安心です。

HDD(ハードディスク)は安価に容量を稼げますが、ゲームをインストールすると極端にパフォーマンスが落ちるので注意。動画ファイルなど「大容量データの保管先」として使う以外はNVMe SSDを選ぶのがおすすめです。

高性能で安いおすすめミニゲーミングPC最新版

ここまでの解説を踏まえた上で、今買える小型ゲーミングPCをご紹介します。

 おすすめ小型ゲーミングPC

【ポータブル】
ASUS ROG ALLY

【スリムタイプ】
HP OMEN 25L

【定番モデル】
ドスパラ RM5C-R46T
ストーム PG-D5i47
マウス JG-A7G6T
フロンティア GK
MSI Codex 6

【こだわりモデル】
サイコム Premium Line B760FD-Mini

【ポータブル】ASUS ROG ALLY

CPU/GPURyzen Z1 Extreme
ディスプレイフルHD/120Hz
メモリ16GB
ストレージ512GB(爆速)
参考価格109,800円
ポイント
  • 持ち運べる
  • 安心ブランド
  • 最新CPU搭載
  • コントローラー内蔵
  • 多くのゲームで画質の調整が必要
  • 最高画質でゲームしたい人

CPUに最新のRyzen Z1 Extremeを採用したポータブルゲーミングPCです。

大手PCメーカーが5年をかけて開発した渾身の一台。

7インチ/フルHD/120Hzに対応したゲーミングモニターを内蔵。

Windows 11、高速SSDを搭載し、普段使いもサクサク動作。

画質の調整は必要ですが、ほとんどのゲームを60fps以上で遊べる性能です。

流行りのポータブルゲーミングPCの中ではぶっちぎりのコスパ

いつでもどこでもゲームしたい人、手頃なサブPCが欲しい人におすすめ。

実際の使用感は関連記事をチェック!

\ポータブル型の最高峰!/

安心のASUSブランド!

【超小型】ストーム I-47D5

CPU
ベンチマーク
Core i7-13700F
16コア24スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4070
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
32GB
DDR5-4800
ストレージ
解説
1TB
Gen 3 NVMe
マザーボード
解説
B760チップセット
MSI B760I EDGE WIFI/D5
高さ x 幅 x 奥行
解説
307 x 210 x 420
SFFサイズ
電源
解説
650W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:2.5Gbps
無線:Wi-Fi 6E
価格258,000円
ポイント
  • 超小型ボディー
  • WQHDゲームに強い
  • 4Kでも60fps以上
  • 大容量メモリ
  • Wi-Fi内蔵
MSI B760I EDGE WIFI

こちらもCore i7とRTX 4070を組み合わせた定番スペック。

高さ約30cmのアルミボディーでシンプルなデザインの小型ケースが特徴。

超小型ながらもNVMe SSDを2台搭載可能なマザーボードを採用(MSI B760I EDGE WIFI DDR5→レビュー(DDR4版)

無線LANも内蔵しており、目立ったデメリットがない一台。

小型で高性能なPCを探している人におすすめです。

RTX 4060Tiを採用したミドルスペックもあり(189,800円

ハイスペックミニPCの決定版!

【ミニタワー】マウス NEXTGEAR JG-A7G6T

(黒)LEDオプション装着時のお姿
(白)LEDファンを標準搭載
CPU
ベンチマーク
Ryzen 7 5700X
8コア16スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4060Ti
8GB
CPUクーラー
解説
水冷
240mm
メモリ
解説
16GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
1TB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 3×2 – 1(1)
マザーボード
解説
B550チップセット
MicroATX
高さ x 幅 x 奥行
解説
410 x 220 x 424
ミニタワー
電源
解説
750W
80PLUS BRONZE
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
価格169,800円(黒)
177,500円(白)
ポイント
  • フルHDゲームに強い
  • WQHDでも60〜100fps前後
  • パーツ構成が良い
  • サポートが強力
  • 3年保証

こちらもミニタワー型で、高さ41cmのコンパクトなボディーに豪華な装備をふんだんに使ったPCです。

派手な見た目が好きな人は、+4,400円でRGB LEDファンの装飾も可能。(白モデルはLEDファンを標準搭載)

コスパの良いハイクラスCPUに標準で水冷クーラーを搭載するなど、パーツ構成が良いです。

目立ったデメリットが無い優等生!

さらに、標準で3年保証が付くほか、24時間365日の電話/LINEサポートが強力!

これからPCゲームを始めたい人におすすめです。

\シンプルな黒ボディー

\LEDファン標準搭載

3年保証・超強力サポート!

【セール中】HP OMEN 25L

CPU
ベンチマーク
Core i7-14700F
16コア24スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4070Ti SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式 RGB
メモリ
解説
16GB
DDR5-5200 RGB
ストレージ
解説
1TB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 2(1)
マザーボード
解説
H770チップセット
HPオリジナル
高さ x 幅 x 奥行
解説
448 x 165 x 396
ミニタワー
電源
解説
800W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:1Gbps
無線:Wi-Fi 6
サポート
価格259,842
クーポン適用後
ポイント
  • 最高級PCブランド
  • スタイリッシュ
  • Wi-Fi内蔵
  • 注文時にカスタムしたい人

全世界レベルでトップクラスのシェアを誇るHPがセールを開催中。

Core i7+RTX 4070Ti SUPERの4KゲームまでOKな最上級モデルが418,000円→279,400円で大放出!

さらに、当サイトの7%割引クーポンを使うと259,842円になります。

本体は部屋のインテリア性を壊さないスタイリッシュなケースを採用。

めっちゃくちゃスリムでカッコいいPCです。

パワーのあるCore i7とGen 4対応の爆速SSDを搭載し、クリエイティブな作業も強いのが特徴。

CPUファンとメモリがRGBライティングに対応していて、見た目も楽しめる一台。

さらに、最大手PCメーカーならではの手厚いサービス「カフェ・ド・オーメン」がすごい!

入門者〜ヘビーゲーマーまでおすすめです。

\分割手数料0%キャンペーン中/

安心のPCメーカー品!

【セール中】フロンティア GK

CPU
ベンチマーク
Core i7-14700F
20コア28スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4070 SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
32GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
1TB
Gen 3 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 3×4 – 1(1)
マザーボード
解説
B760チップセット
microATX
高さ x 幅 x 奥行
解説
347 x 215 x 401
ミニタワー
電源
解説
750W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
機種紹介GKシリーズ詳細
B760版
サポート
価格244,800円
ポイント
  • 4KゲームまでOK
  • 大容量メモリ
  • 白と黒で選べる
  • シンプルなデザイン
  • ヘビーゲーマー
  • 見た目が派手なPCが好きな人

パワーのあるCore i7を採用したセール品で、キューブ型の小型ケースが特徴です。

冷却効率の高いサイドフロー式クーラーと32GBメモリを標準搭載。

NVMe SSD増設用のM.2スロットもあるので小型ながらも拡張性は十分。

Core i7だとフルHDで高いフレームレートが出るほか、クリエイティブな処理も得意です。

ヘビーFPSゲーマーやマルチに活用したい人におすすめします。

ストレージは+8,800円で2TBにできます!

\小型のハイスペックPC!/

かなりコスパ良し!

【ミニタワー】ドスパラ RM5C-R46T

CPU
ベンチマーク
Core i5-14400F
10コア16スレッド
GPU
ベンチマーク
RTX 4060Ti
8GB
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
16GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
500GB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 2(1)
マザーボード
解説
B760チップセット
高さ x 幅 x 奥行
解説
425 x 220 x 440
ミニタワー
電源
解説
650W
80PLUS BRONZE
ネットワーク有線:2.5Gbps
無線:なし
価格180,980円
ポイント
  • フルHDゲームに強い
  • WQHDでも60〜100fps前後
  • 安心ブランド
  • 納期が早い
  • シンプルなデザイン
  • パーツ構成が良い
  • ストレージ容量が少ない
  • 4Kゲームに弱い
  • 見た目が派手なPCが欲しい人
NVMe SSDは2台まで装着可能

Core i5+RTX 4060Tiの人気&定番スペックです。

シンプルな見た目ながらLED照明も楽しめる中型サイズのケースを採用。

小型ながらも拡張性は十分に考えられています。

  • メモリスロット:空き2
  • NVMe SSD Gen 4×4:空き1
  • 2.5/3.5インチストレージ:最大4台

その他、ネットワーク遅延ちえんの少ない2.5Gbps LANポートも搭載しています。

フロンティアのセール品よりもパーツ構成が良く、上質なケースと高い静音性が特徴。

初期ストレージ容量が500GBと最小限の構成ですが、自分好みにカスタムしやすいPCです。

予算15万円前後でPCを探している人に一番のおすすめです。

使い勝手とパーツ構成は関連記事を参考にしてください↓

\翌日出荷!すぐに遊べる!/

はじめてゲーミングPCを買うならドスパラ!

【カスタムし放題】サイコム B760FD-Mini

CPU
標準構成から変更
Core i5-14400F
10コア16スレッド
GPU
標準構成から変更
RTX 4060Ti
Manli
メモリ16GB
DDR5-4800
ストレージ1TB
Gen 4 NVMe
マザーボードB760チップセット
MSI B760I EDGE WIFI/D5
高さ x 幅 x 奥行218 x 153 x 343
SFFサイズ
参考価格250,000円前後
ポイント
  • PS5より優れたゲーム性能
  • カスタムに強い
  • フルHDゲームに強い
  • Wi-Fi内蔵
  • WQHDでも60〜100fps前後
  • 4Kゲームは厳しい
MSI B760I EDGE WIFI

サイコムは数あるBTOメーカーの中でも自作代行といえるほどカスタムの幅が広いショップです。

注文時に以下のカスタマイズが可能。

  • OS無し(25,000円 OFF )
  • CPU/GPUの変更
  • メモリ/SSD容量の調整
  • などなど

超小型ボディーにミドル〜ハイスペックなパーツをお好みで選べます。

本体はウォルナット材とアルミを組み合わせた美しい見た目が特徴。

SSDは読込6600MB/sの爆速タイプで、CPUクーラーは最高級ブランドのNoctua製。

超小型ながらもNVMe SSDを2台搭載可能なマザーボードを採用(MSI B760I EDGE WIFI DDR5→レビュー

さらに、予算に応じてパーツをダウングレードすれば安くなります。

こちらのPCはサイコムのPremium Lineと呼ばれるモデルで、2年保証、無料オーバーホール、新型パーツへアップグレードなど、長く使える高品質な静音ゲーミングPCです。

春のセール開催中!(4/22まで)
  • 送料無料
  • 1TB/2TB SSD 5,000円 OFF
  • などなど

セール詳細はこちら

\じぶん好みのPCにしよう!/

こだわり派におすすめ!

MSI MAG Codex 6 13NUC5-003JP

CPUCore i5-13400F
GPURTX 4060
メモリ16GB
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行406 x 175 x 454
参考価格175,000円前後
ポイント
  • フルHDゲーミングに最適
  • Wi-Fi内蔵
  • 4Kゲームは厳しい

MSI製の小型PCで、Core i5+RTX 4060を組み合わせたフルHDゲームに強い構成です。

シースルーサイドパネルを採用し、内部パーツのLED照明を楽しめます。

2.5インチ空きドライブベイ x 2、3.5インチ空きドライブベイ x 1、ケース前後にUSB Type-Cポートなど、小型ながらも高い拡張性が特徴です。

小型でカッコいいPCを探している人におすすめです。

ゲームと普段使いにベスト!

小型ゲーミングPCを自作する

お気に入りがない場合、自作してしまうのもありです。

完全に自分好みに合わせられるのが最大のメリット

ただし、コスパ重視ならBTOパソコンの方が安いです。

というのも、小型PCはマザーボードとケースの単価がどうしても高くなります。

自作の過程(パーツ選び、組み立て、トラブルなど)も楽しみたい人におすすめ。

スリムタイプ

モニター:ASUS XG17AHP(レビュー
スクロールできます
OSWindows 11 Home
ケースNZXT H1 V2
レビュー
マザーボードMSI B760I WiFi EDGE
レビュー
CPUCore i5-13400F
GPURTX 4060Ti
MSI VENTUS 2X
メモリ16GB
DDR4-3200
ストレージ2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
レビュー
参考価格195,000円前後
モニター別
ポイント
  • PS5くらいのサイズ
  • コスパ良いミニタワーケース
  • WiFi内蔵
  • 高い

Core i5+RTX 4060Tiの定番スペックです。

ケースはNZXT社製のMini-ITXタイプで、電源と水冷CPUクーラーがセットになっています。

初めての自作にうってつけのパーツ構成ですが、BTOパソコンの方が安いです。

LED照明タイプ

モニター:ASUS XG17AHP(レビュー
スクロールできます
OSWindows 11 Home
ケースRAZER TOMAHAWK
Mini-TIX
レビュー
マザーボードMSI B760I EDGE
レビュー
CPUCore i5-13400F
CPUクーラーCORSAIR H60x
RGB ELITE
レビュー
GPURTX 4070
MSI VENTUS 2X
メモリ16GB
DDR4-3200
ストレージ2TB Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
レビュー
電源750W
CORSAIR SF750
レビュー
RGBファン1個
参考価格263,000円前後
ポイント
  • かっこいい
  • 組みやすい
  • 所有感が高い
  • エアフロー効率が良い
  • ダークスモークガラスが美しい
  • フロントインターフェイスが充実
  • 高い

RAZER純正のMini-ITXケースを使用してみました。高さは約32cmです。

両面がダークスモークガラスで、LED装飾がえる良いケースです。

Core i5-13400ならCPUクーラーは空冷でもOKですが、LEDライティングを楽しむため120mm簡易水冷を使用。

Core i5-13400FとRTX 4070の組み合わせだとBTOパソコンなら21万円以下で買えます。

自作は自己満足の世界ですね。

この構成の使用感はこちら↓

 おすすめ小型ゲーミングPC

【ポータブル】
ASUS ROG ALLY

【スリムタイプ】
HP OMEN 25L

【定番モデル】
ドスパラ RM5C-R46T
ストーム PG-D5i47
マウス JG-A7G6T
フロンティア GK
MSI Codex 6

【こだわりモデル】
サイコム Premium Line B760FD-Mini

迷ったらこのコンパクトゲーミングPCがおすすめ

ここまで読んで、どのPCが良いか迷ったら次の3台が特におすすめです。

スクロールできます

ASUS
ROG ALLY

ストーム
I-47D5

マウス
JG-A7G6T
タイプポータブルmini-ITX
デスクトップ
ミニタワー
デスクトップ
CPURyzen Z1 ExtremeCore i7-14700Ryzen 7 5700X
GPURyzen Z1 ExtremeRTX 4070RTX 4060Ti
メモリ16GB32GB16GB
ストレージ512GB1TB1TB
高さ307mm410mm
特徴究極ポータブル強力CPU+GPU
大容量メモリ
Wi-Fi内蔵
安心ブランド
少し背が高い
価格109,800円258,000円169,800円
詳しく見る詳しく見る詳しく見る

ゲーミングPCは一度買うと数年間は使い続けるものです。

せっかく買うなら長く現役で使える相棒を選びましょう!

極上のゲーム体験ができますように!

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月16日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
269980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
294980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER

PCパーツの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源
よかったらシェアしてね!
目次