4Kの極み!PHILIPS 329P1H/11レビュー 無敵のUSBハブモニター

このページには広告が含まれています

PHILIPSの31.5インチ4K USBハブモニター「329P1H/11」を購入したのでレビューします。

このページにたどりついた人は、こんな条件でモニターを探してませんか?

  • 4K/32インチクラス
  • USB Type-C入力
  • USB Power Delivery 90W
  • USBハブ内蔵
  • 有線LAN内蔵
  • HDMI入力が2つ
  • 安い

そうです。

PHILIPS 329P1H/11は、上記の「わがまま」をすべて満たせる非常にレアなモニターなんです!

気になる人は、ぜひチェックしてください。

目次

フィリップス 329P1H/11の特徴とスペック

PHILIPS 329P1H/11は、31.5インチ/4K/USB Type-Cハブモニターです。

まず、モニターを買う時にPHILIPSの製品を最初に候補に上げる人は、ほとんどいないと思います。

ただ、実際に使ってみるとすごく良い。

デザインは直線的で丸っこい部分が一切なく、シブくてカッコ良し。

画質もシャープで、一般的な事務作業なら何も文句なしなモニターです。

保証が5年としっかりしているのもポイント。

性能を考慮すると安すぎると言えるモニターで、もっと売れまくって良い … と言うのが正直な感想です。

画面サイズ31.5インチ
解像度4K
(3840 x 2160)
パネルIPS
表示色10.7億色
入力端子DisplayPort x 1
HDMI 2.1 x 2
USB Type-C
リフレッシュレート60Hz
応答速度4ms
輝度350cd/m2
HDRなし
USB Power Delivery90W
モニターアームVESA 100 x 100
USBハブ4ポート
(5Gbps)
有線LAN1Gbps
スピーカー5W
参考価格70,000円前後

開封チェック

箱は大きいですが、スリムで場所を取りません。

余計なお世話かもしれませんが、箱は捨てないで保管することをおすすめします。

修理や売却する時に便利です。

安心の5年保証。

ネットからユーザー&製品登録すれば、納品書/領収書の管理や、電話/メールでのサポートも受けられます。

PHILIPSのサイトから日本語マニュアルや最新ドライバーのダウンロードが可能です。

タップして拡大
付属品
  • パネル本体
  • DisplayPortケーブル x 1
  • HDMI ケーブル x 1
  • USB Type-Cケーブル x 1
  • 電源ケーブル
  • スタンド台座
  • スタンド支柱
  • キャリブレーションシート
  • ドライバーCD
  • 説明書類

付属品はすごく充実しています。

出荷時に職人さんが1台ずつキャリブレーションしているようです。

タップして拡大
タップして拡大

底面のインターフェイスはこちら↓

  • 主電源スイッチ
  • 電源入力
  • HDMI x 2
  • DisplayPort x 1
  • USB Type-C x 1
  • 有線LAN(1Gbps)
  • ヘッドホン出力
  • USBハブ(5Gbps)x 2

汎用的なVESA 100 x 100モニターアームの取り付けに対応。

パネル重量が8.19kgとヘビー級なので、しっかりしたアームが必要です。

有線LANはWindows PCやMacとType-C接続すれば使えます。

有線LANはWindows/Mac OS共にドライバーをインストールする必要なしでした!

Windows 11 22H2/Mac OS Monterey 12.6.1/Ventura 13.1で確認済み。

スタンドの組み立てに工具は必要ないです。

指でネジをクルクル回すだけ。

タップして拡大
タップして拡大

サイズは31.5インチとして標準的。

高さはなんと0〜18cmの間で調整可能。最高位置にすると、すさまじい迫力です。

最低位置は、ほぼスタンド台座にくっつく低さ。

より詳しい寸法は、正規代理店の菱洋エレクトロ(RYOYO)さんのページからダウンロードできます。

ボディーはプラスチックですけど、ヘアライン処理してあってすっごく高級感あり。

前後のチルトは-5°〜25°で調整可能。

奥行きは約28cm。

左右180度にぐるんぐるん回せます。

オフィスなんかでは、プレゼンなどで画面を見せる時に役立つかもしれません。

台座部分はメリーゴーランド!

ホッと一息、なごみます。働きすぎなビジネスマンに良いですね。

もちろんピボット(縦画面)も行けます。

超巨大な縦スペースをお楽しみ下さい。

スタンド支柱にはケーブルマネージメントあり。

これで汚い配線もキレイにできますネ!

背面上部に5Wのステレオスピーカーを内蔵。

音質は … まぁ、アレです。

M1 MacBook Airの内蔵スピーカーよりだいぶ劣るかな … って感じで、悪くは無いけど良くもない。

でも、スピーカーは無いよりあった方がマシです。

2.0メガピクセルのスーパーナイスなポップアップ式WEBカメラを内蔵!

WindowsならWindows Helloに対応。顔面だけでログインできます。

MacだとFaceTimeなんかで普通にWEBカメラとして使えますが、下向きに角度を調節できないので微妙です。

マイクも内蔵してるけど、なぜかWindowsでしか使えません。

Windows、Mac共にドライバーは不要。Type-Cで繋ぐだけでOKでした!

WEBカメラの画質はちょっとアレです。なんかボヤっとしてます。

BenQ ScreenBar Plus

一応、BenQなどが販売しているスクリーンライトも設置できます。

WEBカメラをしまって上から被せばOK。モニターのUSBから給電可能です。

ただし、WEBカメラは使えなくなるので注意!

設定ボタンは前面の右下にあり。

他のほとんどのモニターって、背面や底面に手を突っ込んでスリスリするタイプですが、本機は非常に使いやすいです。

入力の切り替えもスムーズ。

操作感に多少のクセはあるけど、慣れればなかなか良い感じ。

向かって左の側面にUSB x 2(5Gbps)。

黄色いポートは最大7.5W(5V/1.5A)の急速充電に対応。

より詳しい給電仕様はフィリップスのサポートページからマニュアルをチェックしてください。

画質のチェック

タップして拡大
タップして拡大

液晶は斜めから見ても色合いの崩れないIPSパネルを採用。

写真だとわかりにくいですが、素人目に見ても映像にシャープ感があってすっごくよろしい。

メーカーの資料をみると、色域はこうなってます↓

  • NTSC 117%
  • sRGB 128%
  • Adobe RGB 89%

私は上の数字を見ても、なんのこっちゃ良くわかりません。

しっかり理解している人も少ないと思いますが、かなり良いのではないでしょうか …

ちなみに、キャリブレーションシートの値はこうなってました↓

タップして拡大

職人さんが画面の25箇所を2つのパターンで計測したようです。

左のsRGBのΔE値(デルタイー値)は2未満、右の輝度ムラは93%〜105%になるよう調整されてます。

数字だけ見ると、すべて規定内に収まってるっていうか、かなり精度高いですよ。

20万円とか超えるデザイナー向けのモニターには負けるけど、7万円で買えるモニターとしては十分すぎる性能です。

使い勝手のチェック

PHILIPS 329P1Hの使い勝手について、次の5つを解説します。

  1. 超広大なデスクトップ
  2. かしこいPowerSensor
  3. パワーモリモリUSB PD 90W
  4. 安定の有線LANと便利なUSB HUB
  5. ゲーム機もOK!

① 超広大なデスクトップ

これはPHILIPS 329P1Hの特徴ではなく、4K/32インチクラス共通の特徴です。

デスクトップの広さは作業効率に比例します。

文字スケールを100%(Windowsの場合)にすると、もれなく超広大&快適な作業スペースをゲットできます。

文字が小さいのでは?と思いの方、50代の老眼バリッバリな私でも全然余裕なので安心してください。

私はブラウザーを3つ並べて仕事してます。

一度この快適デスクトップを体感すると、もう27インチとか「せっまい世界」に戻れません。

4Kで事務作業をするなら、迷わず32インチクラスを推奨します。

② かしこいPowerSensor

本機はたくさんの機能を持っていますが、特に便利だなって思ったのは「PowerSensor」です。

指定した距離から人がいなくなると、輝度が自動的に下がって最大80%の消費電力をセーブしてくれます。

実際には画面が「真っ暗」になって、電源が落ちたのか?と思えるほど。

PCやMacとの接続が切れるわけでもなく、ただ画面が暗くなるだけで、音楽を流しているならスピーカーの音は鳴り続けます。

そして、席に戻ると自動的に明るさが復活。

ちょっとトイレなんかで離席した時、勝手に電力をセーブしてくれるので非常にかしこい。

③ パワーモリモリUSB PD 90W!

忘れては行けないのがUSB Power Deliveryが90Wもあることでしょう。

私のようにMacBook Airなんかだと90Wはオーバースペックですが、M1 Pro/M1 Maxチップを搭載したMacBook Proユーザーならニヤリとしてしまうスペックだと思います。

④ 安定の有線LANと便利なUSB HUB

有線LANはMac/Windows共にドライバーをインストールすることなく、Type-Cで繋げばすぐに認識します。

macOS Monterey 12.6.1
Windows 11 22H2

我が家のネット環境の問題ですが、Wi-Fiだと速度が安定しなく、動画のアップロードなど「ここぞと言う時」だけ有線LANアダプターを使ってました。

これで安心!やっぱり有線LANは安定してます。

4ポートのUSBハブは、底面と側面にあるので頻繁な抜き差しに向いてないです。

なんで、私はANKERの4ポートハブを繋いで、残りの3ポートはUSB充電器として使ってます。

USBアダプターだらけだったコンセントも、だいぶスッキリしました。

⑤ ゲーム機もOK!

本機はゲーミングモニターではありませんが、PS5やXbox Series Xのような4Kゲーム機とも相性は良いです。

応答速度4ms/Adaptive Sync対応なので、フツーになめらかで「ぶっちぎり」に美しい映像。

HDRには対応してませんけど、最近のゲームはHDRなしでも十分に美しいです。

っていうか、HDRって当たりハズレの多い機能なんで、最初から無い方が良いですよ。

別のモニターを使ったHDRの検証結果
普通にキレイ
タップして拡大
暗い部分が暗すぎる
タップして拡大

ゲームだと暗い部分が暗くなりすぎて遊びにくいです。

あと、本機のリフレッシュレートは60Hzなので、フレームレートも60fpsが上限になります。

実際のところ、PS5/Xbox共に4Kだと60fps止まりのゲームがほとんどなので問題ないでしょう。

その他の機能

その他、すっごいたくさんの機能を持ってますが、正直なところ、私はほぼデフォルト状態で使ってます。

本機の機能については、このスライドショーから妄想してください↓

  • PowerSensor設定
  • LightSenSor設定
  • ローブルライト
  • 入力切替
  • 画像設定
  • スピーカー設定
  • 色温度設定
  • 言語設定
  • OSD言語設定
  • USB設定
  • モニター設定

気になった点

致命的なデメリットではないと思いますが …

どうもこのモニターはType-Cの接続と切断をした時にUSB給電が瞬断するようです。

瞬断したらヤバい機器をつなぎたい人は、注意してください。

【まとめ】PHILIPS 329P1Hはこんな人におすすめ

329P1H/11は、以下のような条件でモニターを探している人におすすめです。

  • 4K/32インチクラス
  • USB Type-C入力
  • USB Power Delivery 90W
  • USBハブ内蔵
  • 有線LAN内蔵
  • HDMI入力が2つ
  • 安い

最初にも言いましたが、もっと売れまくって良いというのが正直な感想です。

ぜひ、4K/USBハブモニターで極上のPCライフを送ってください。

以上、参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
目次