RTX 4070 SUPERとRyzen 7 5700Xのゲーム性能とベンチマーク Core i7/Core i5と比較レビュー

このページには広告が含まれています

CPUにRyzen 7 5700Xと、GPUにRTX 4070 SUPERを組み合わせた構成で「ゲーム性能」「クリエイティブ性能」「消費電力」を検証しました。

この構成はBTOパソコンだと激安なので、「安すぎるけど大丈夫?」って思っている人は多いかも。

結論を言うと、安いなりのデメリットはあるけど普通に使えます。

Core i7-14700FとCore i5-14400Fを使用した環境と比較もしたので、気になる人は参考にしてください。

まずは、Ryzen 7 5700XとRTX 4070 SUPERの特徴・デメリットについて長々と解説します。

すぐにゲームのベンチマークが見たい!って人は、このボタンからジャンプしてください。

目次

検証用PCのスペック

OSWindows 11 Home
CPURyzen 7 5700X
CPUファン空冷式
Scythe 虎徹 MarkⅡ
GPURTX 4070 SUPER
MSI VENTUS 2X 12G OC
メモリ32GB
DDR4-3200 16GB x 2
マザーボードB550チップセット
ASRock Phantom Gaming 4
電源750W

一般的なBTOパソコンと同じ仕様です。

電源容量はRTX 4070 SUPERの場合、700WあればOKです。

テストPCは見た目が違うだけで、BTOパソコンと同じ仕様です!

CPU性能チェック|Ryzen 7 5700X

赤:優れている

スクロールできます
Ryzen 7 5700XCore i7-14700Core i5-14400FCore i7-13700Core i7-12700
発売日2022年4月2024年1月2024年1月2023年1月2022年1月
世代Zen 3
(最新はZen 4)
第14
(最新)
第14
(最新)
第13第12
Pコア数88688
Eコア数12484
スレッド数1628162420
定格クロック3.4GHz2.1GHz2.5GHz2.1GHz2.1GHz
ブーストクロック4.6GHz5.4GHz4.7GHz5.2GHz4.9GHz
L3キャッシュ32MB33MB20MB30MB25MB
熱設計電力65W65W65W65W65W
参考価格
1月調査
22,800円61,000円
(14700F)
35,000円56,000円
(13700F)
45,000円
(12700F)
CPU末尾の「F」とは?

Ryzen 7 5700XはAMD Zen3世代のCPUで、ライバルはIntel 第12世代のCore i7-12700になります。

Core i7-12700以降は、Pコア(パフォーマンスコア)とEコア(高効率コア)のハイブリッド式になっていて、かなり完成度の高いCPUです。

一方で、RyzenシリーズはPコアだけで構成されているのが弱みですが、実際のところゲームだとPコアが中心に働くので、コア数はあまり問題ではありません。

また、キャッシュメモリ容量が多いので、処理内容によってはCore i7と同等のパフォーマンスで動作するのもメリットです。

Ryzen 7 5700Xはすでに世代の古いCPUですが、価格の安さが最大のポイントで最新のCore i5よりも安いです。

マザーボードとメモリもコスパの良い製品が使えるので、PCを構成するパーツコストをかなり抑えられます。

デメリットとしてはZen3世代のプラットフォームはモデル末期なため、Zen4世代のCPUに乗り換えるにはマザーボードとメモリを丸っと交換しなくてはいけません。

自作PCのようにパーツを入れ替えながら使う人でなければ非常にコスパが良く、2023年11月時点でもBCNランキングの「今売れてるCPU TOP 10」に入るほど人気のあるCPUです。

BTOパソコンならCore i7-14700モデルより平均して3万円ほど安いので、コスパ重視の人におすすめです。

※Zen3はモデル末期とはいえ、あまりのコスパの良さでZen4への完全移行が進まない状態。

2024年2月には5700X3Dなどの新CPUが発売されるなど、大手メディアにZen3は「超・長寿命」「不滅」と言われています。

主要CPU性能の比較グラフです。(2024年1月時点)

ここでは各CPUが全体でどのくらいの順位なのかを、ふ〜んと眺めるだけでOKです。

グラフだけで判断するとRyzen 7 5700XはCore i5-14400Fよりも高性能で、Core i7-12700とほぼ同じ性能です。

Core i7は第12、第13、第14の3世代にかけて「ちょろっと機能を修正しただけ」です。CPUベンチマークでは差が出るけど、実用的なパフォーマンスはほとんど進化してません。

B550チップセットの気になる点

BTOパソコンのRyzen 7 5700X/Ryzen 5 5600Xを採用したPCだと、マザーボードはコスパ重視系のB550チップセットになることがほとんどです。

このチップセットは2020年6月に発売されたもので、当時は最先端でしたが現在では時代遅れの部分があります。

具体的には「NVMe SSDの拡張性が2024年の基準としては低い」です。

ASRock B550 Phantom Gaming 4

↑こちらはBTOパソコンによく採用されるB550マザーボードです。

メインのM.2スロットは超高速なGen 4 x 4ですけど、増設スロットは中高速なGen 3 x 2となります。

またB550の仕様上、M.2スロットは2本までしか持てません。

安いBTOパソコンだと、M.2スロットが1本だけのPCもあるので、自分の使い道に合っているかしっかり見極めてください。

↓こちらのマザーボードは上位のX570チップセットです。

MSI X570 GAMING PLUS

X570マザーボードなら写真のようにGen 4×4とGen 3×4のほか、高価な製品だとGen4x4が3つあるものもあります。

まだまだ現役で使えるスペックですけど、価格はめっちゃ高くなるので注意!

↓こちは2023年製のインテルB760チップセットです。

ASRock B760 Pro RS(レビュー

Core i7-14700/i5-14400のPCによく採用されるマザーボードですが、最新なだけにストレージの拡張性は優れています。

2万円以下で買える安いマザーボードでもM.2スロットの数が3本ある製品が多く、高価なものになると4本持っているものもあります。

最新スペックにこだわる人はCore i7-14700のPCがおすすめ。

ただし、インテルCPUにすると総合コストは高くなるので注意!

ゲーム機のPS5はGen 4×4な増設用M.2スロットがあります。

B550マザーボードはPS5よりも時代遅れです。

Gen 3×2って遅い?

実はゲームのロード時間はGen4x4と変わらないので、普通に使ってる分には遅いと感じることはありません。

最新のGen 4×4~旧式の2.5インチSATA SSDを使用して、FF14とブループロトコルのベンチマークでロード時間を比較してみました。

【計測方法】ベンチマーク終了後に表示されるローディングタイムを抽出。

スクロールできます
FF14
ロード時間
ブループロトコル
ロード時間
Gen 4×4
HIKSEMI FUTURE
読込速度7100MB/s
8.522秒22.320秒
最速
Gen 3×4
Samsung SSD 980
読込速度3300MB/s
8.360秒
最速
23.169秒
Gen 3×2
Intel 670p
読込速度1700MB/s
8.388秒23.403秒
2.5インチ SATA
Micron 1100
読込速度535MB/s
12.383秒26.164秒

ゲームによってはGen 4×4の中華NVMe SSD(HIKSEMI FUTURE)よりもIntel SSD(現Solidigm)、Samsungといった有名どころの製品が速いという結果になりました。

ほぼ誤差レベルの世界なので、何度も計測すればロード時間は微妙に変わります。

実際のところGen 4×4とかGen 3×2といった規格よりも、使用するSSDの性能による差の方が大きいです。(フラッシュメモリ性能・キャッシュメモリの有無・ランダムアクセス性能などに影響する)

Gen 4×4なSSDってベンチマークではしっかり7,000MB/sな超速スコアが出るけど、一般的な使い方では7,000MB/sを超える動きはほとんどありません。

7,000MB/sってシーケンシャルアクセス(順次読込)の速度であって、Windowsのほとんどの処理はランダムアクセス性能に依存します。

ランダムアクセスの場合、Gen 3×2(約1,700MB/s)の帯域があれば十分すぎるので、現実的にはGen 4×4、Gen 3×4、Gen 3×2の速度差はほとんど無いです。

※数GBな単独&巨大容量ファイルのコピー時間で速さの違いが出ます

コンマ何秒の差にこだわりがある人、最新じゃないとダメ!って人でなければGen 3×2でも不満を感じることは無いでしょう。

ちなみに、Gen 4×4な最新の大容量NVMe SSDをGen 3×2スロットに挿して使うことも可能です。

グラフィック性能チェック

主要GPUの性能グラフです。

ベンチマークでは上位のRTX 4070Tiと6%ほどしか差がありません。

RTX 4070 SUPERは解像度「WQHD」で最高画質&高フレームレートで快適に遊べるように設計されたGPUです。

実際に使ってみると4Kでも70fpsを大きく超えるゲームが多く、あらゆる解像度で快適に遊べます。

フルHD/WQHDだと競技性の高いFPSゲームに最適

4Kならグラフィックスに凝ったオープンワールド系アクションゲームを快適に遊べる性能です。

レイトレーシングについて

光と影の表現力を上げてリアルな描写を可能にする機能です。

対応したゲームなら表現力が格段に上がって美しい映像になりますが、フレームレートが落ちるのがデメリット。

RTX 4000シリーズならパワーアップしたレイトレーシング性能により、フレームレートの落ちは少なめ。

競技性の高いFPSゲームよりもアクションアドベンチャーのような美麗な映像をまったり楽しむゲームに向いた機能です。

DLSSについて

DLSSはAI技術を使ってフレームレートをブーストする機能です。

低解像度の映像を高解像度にアップスケールする仕組みで、理論上は画質を少し犠牲にしますが、ほとんどの人は気にならないと思います。

DLSSはNVIDIAのスーパーコンピューターを利用して、常にAIモデルのチューニングがされています。

最新のAIモデルはGeForce Game Readyドライバーを通して配信され、時間が経つごとにパフォーマンスが向上していく優れた機能です。

レイトレーシングと組み合わせれば、弱点であるフレームレートの減少も抑えることが可能。

DLSSに対応したゲームなら、基本的にONにすることをおすすめします。

DLSS3 フレーム生成について

RTX 4000シリーズから使えるDLSS3のフレーム生成機能は、AIが推測して中間フレームを自動生成します。

対応したゲームだと、旧世代のハイエンドRTX 3090Tiを18%上回るスコア

最近のゲームはDLSSやFSRといったアップスケール技術を使うのが当たり前になっていて、DLSS3対応ゲームも増加中です。

※DLSS2やDLSS無効だと、RTX 3090相当のパフォーマンスになります

ゲーム性能チェック

グラフィックスの重さが「軽い」「中程度」「重い」の3パターンで検証しました。

  • 【軽・重量級】フォートナイト
  • 【中量級】オーバーウォッチ2
  • 【中量級】ブループロトコル
  • 【中量級】パルワールド
  • 【中量級】Diablo 4
  • 【中量級】龍が如く7 外伝
  • 【中量級】アーマードコア 6
  • 【重量級】ファークライ6
  • 【重量級】アサシンクリードヴァルハラ
  • 【重量級】アサシンクリードミラージュ
  • 【重量級】スターフィールド
  • 【重量級】サイバーパンク2077

すべて当サイトによる計測値です。ゲームのバージョンやシステム構成によってスコアは変わります。

グラフの便利な使い方

【軽・重量級】フォートナイト

設定
  • 【画質1】DX11パフォーマンス
  • 【画質2】DX12最高+レイトレON
  • 【DLSS】バランス

「移動」「建築」「戦闘」をした平均フレームレート(同じリプレイファイルを使用)

2024年1月計測(チャプター5)

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

競技向けの「パフォーマンス」だと、ヘビーFPSゲーマーも納得のフレームレート。

高画質なDX12モードでもWQHDまでヌルヌル遊べます。

CPU比較

GPUの負荷が低い「パフォーマンス」だと、Core i7と同等のパフォーマンス。

GPUの負荷が高いDX12モードの「最高画質」だと、フルHDでパワーのあるCore i7の方が優れてます。

ただ、画質を落として遊ぶ人が多いので、Ryzenの方がお得です。

カジュアルに楽しむタイプなら、どのCPUでも問題ありません。

【中量級】オーバーウォッチ 2

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【高品質アップスケーリング】デフォルト
  • 【視野角】デフォルト(103)
  • 【レンダースケール】自動
  • 【NVIDIA REFLEX】有効+ブースト

同一リプレイファイルの同じシーンの平均フレームレート(5vs5の乱戦時)

2024年1月計測(v.2.8.1.1)

※戦闘パターンや場所(オブジェクトの数)によってフレームレートは大きく変わります

デフォルト画質である「ウルトラ」でもフルHD~4Kまで十分な速度です。

ガチなプレイヤーなら画質を下げると400fpsとか出ます。

他の中量級FPSゲームとして「Apex Legends」もありますが、だいたい同じようなフレームレートで遊べます。(300fpsが上限)

※Apex Legendsは同じパターンの戦闘シーンを再現できないため未計測

CPU比較

GPU負荷の軽いフルHDでCPUパワーの差が出ますが、RTX 4070 SUPERならWQHD以上で遊ぶのがおすすめ。

WQHD以上の場合、CPUの価格差に見合った違いはありません。

【中量級】ブループロトコル

設定
  • 【画質】最高

ベンチマークソフトで計測

2024年1月計測

RTX 4070 SUPERなら4Kまで引っかかるような動きは無く、「極めて快適」に遊べます。

このゲームは「DLSS」「レイトレーシング」といった新技術に対応していません。

こういったゲームは多いのですが、ヌルヌルサクサク動作します。

CPU比較

WQHD以上で遊ぶならCPUの価格差ほどの違いはなく、Ryzen 7の方がお得です。

【中量級】パルワールド

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】バランス
  • 【その他】デフォルト

レベル50拠点内を走った平均フレームレート

2024年2月測定(v.0.1.4.1)

もっとも負荷のかかるシーンは「戦闘中」や「フィールド内を探索中」ではなく、ある程度成長した「拠点内」だと思われます。

検証時のバージョン(v.0.1.4.1)では、組み合わせるCPUによってフレームレートの伸びが大きく変わる珍しいゲームです。

高性能なCPUであるほどフレームレートは高くなりますが、拠点で活動中に60~80fpsくらい出ていれば「戦闘」「移動」も快適に動作します。

CPU比較

Core i7が優れてますけど実際のプレイ感に差はありません。

【中量級】Diablo 4

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】バランス
  • 【フレーム生成】ON

キヨヴァシャド内の固定ルートを移動中の平均フレームレート

2024年1月計測

DLSS 3フレーム生成対応ゲームです。

ザコ敵が大量に沸く戦闘シーンでも4K/120fps前後で動作します。

余裕の性能と言えるでしょう。

CPU比較

微妙にRyzen 7の方が良いスコアですけど、体感できる違いはありません。

【中量級】龍が如く7 外伝

設定
  • 【画質】最高
  • 【DLSS】AUTO
  • 【フレーム生成】ON

地獄チームランブルGOLD1で仲間が戦闘時の平均フレームレート(8人vs10人)

2024年1月計測(v1.21)

「龍が如く7外伝 名を消した男」はDLSS 3フレーム生成+ウルトラワイドに対応。

激しい動きでも4Kまでヌルヌル動作。

龍が如く8」もPCの要求スペックは同じなので、安心して遊べます。

CPU比較

フルHDでRyzen 7とCore i7が良いスコアですけど、体感できる差はありません。

【中量級】アーマードコア 6

設定
  • 【画質】最高
  • 【自動描画調整】ON

ARENA 28/Fで戦闘中の平均フレームレート

2024年1月計測(v.50)

DLSS非対応のゲームです。

フルHD〜ウルトラワイド(UWQHD)まで、ほぼ上限の120fpsで動作。

4Kはボス戦だと65fpsまで瞬間的に落ちますが、まったく問題なし。

特にウルトラワイドはすごい迫力!ヌルヌル快適に遊べます。

CPU比較

微妙にRyzen 7が余裕あるように見えますけど、プレイ感に差はありません。

【重量級】ファークライ6

設定
  • 【画質】最高
  • 【レイトレーシング】ON
  • 【FSR】OFF

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.7.0)

このゲームはちょっと変わってて、どんな高性能GPUでも100fps前後が上限となるようです。

そしてCPUパワーの差でフレームレートに大きな違いが出ます。

とはいえ、競技性の低いゲームなので、どのCPUでも4Kまで快適に遊べるフレームレートです。

DLSSに対応していないゲームですが、AMDのアップスケール技術「FSR」には対応。

4K/FSR ONだと5700Xが96fps、i7-14700が106fps、i5-14400が90fpsでした。

CPU比較

Ryzen 7は95fpsくらいでボトルネックが発生。Core i5よりは良いパフォーマンス。

4KはGPUの負荷が高すぎて誤差レベルになります。

【重量級】アサシンクリードヴァルハラ

設定
  • 【画質】最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v.1.7.0)

このゲームはレイトレーシングとDLSSに対応していません。(FSRには対応)

国産のゲームや少し古いゲームだと、レイトレ/DLSSに対応していないものが多いです。

レイトレ/DLSSに対応していない超重いゲームは、大体このくらいで遊べるという目安にしてください。

4Kだと少しカクつきますけど、少し画質を調節すれば問題ありません。

CPU比較

WQHD以上は誤差レベルです。

【重量級】アサシンクリードミラージュ

設定
  • 【画質】最高
  • 【解像度スケール】100%
  • 【アップサンプル】TAA

ゲーム内のベンチマークモードで計測

2024年1月計測(v1.06)

競技性の低いゲームなので、4Kまで快適に遊べます。

CPU比較

微妙にCore i7の方が優れていますが、CPUの価格差に見合った差はありません。

【重量級】スターフィールド

設定
  • 【画質】ウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

視界の広い「広い場所」と、視界の狭い「狭い場所」を走った平均フレームレート

2024年1月計測(v1.8.88)

DLSS 3フレーム生成対応ゲームです。

惑星・地上などの視界の開けた「広い場所」と、船内や洞窟みたいな「狭い場所」でフレームレートが大きく変わります。

計測時のバージョン(1.8.88)では、165fpsがフレームレートの上限になるようです。

CPU比較

微妙にCore i7/i5が優れてますけど、プレイ感に差はありません。

【重量級】サイバーパンク 2077

設定
  • 【画質】レイトレーシングウルトラ
  • 【DLSS】自動
  • 【フレーム生成】ON

2024年1月計測(v2.1)

DLSS 3フレーム生成対応ゲームなので4Kまで快適に動作。

もちろん、追加コンテンツの「仮初めの自由」も快適に動作します。

CPU比較

誤差レベルです。

クリエイティブ性能チェック

動画編集、写真編集、AI画像生成の能力をチェックしました。

動画編集(Premiere Pro)

4KとフルHD撮影した10分間の動画を編集してエンコードした時の処理時間です。

4K→4Kエンコード
YouTube 2160p 4KUHD
Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPER
4分58秒
Core i7-14700+RTX 4070 SUPER
4分45秒
Core i5-14400+RTX 4070 SUPER
4分59秒
フルHD→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPER
1分27秒
Core i7-14700+RTX 4070 SUPER
1分21秒
Core i5-14400+RTX 4070 SUPER
1分26秒

どのCPUとの組み合わせでも、10分の実時間より早くエンコードができるので快適です。

CPU比較

4K映像だとCore i7の方が15秒ほど早く、Core i5と同じくらいです。

エンコード処理はゲームよりCPUパワーを使うので、Core i7との差がハッキリ出ます。

4K映像を扱うならCore i7がおすすめ

しかし、今でも需要の高いフルHD→フルHDエンコードだと、微妙な差

個人の趣味レベルで使う分にはRyzen 7でも十分な速度だと思います。

RAW現像(Lightroom Classic)

Lightroom Classicを使って有効画素数2010万(SONY RX10M4)のRAWデータ100枚を現像しました。

RAW現像 100枚
Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPER
24.39秒
Core i7-14700+RTX 4070 SUPER
21.62秒
Core i5-14400+RTX 4070 SUPER
25.65秒
書き出し条件はこちら
画像形式JPEG
画質100%
解像度350px/インチ
CPU比較

総合的に映像・写真編集についてはCore i7の方が優れていて、Core i5くらいの性能です。

もっと複雑な処理だと、さらに大きな差が出るでしょう。

AI画像生成(Stable Diffusion)

Stable Diffusionを使用して6枚の画像を生成しました。

設定・環境はこちら
  • Stable Diffusion Web UI v1.7.0
  • Python 3.10.9
  • xformers 0.0.20
  • 【Check Point】 YesMix v1.5
  • 【Lora】 Mikasa Ackerman
  • 【VAE】vae-ft-mse-840000-ema-pruned
  • 【Prompt】
    • masterpiece, best quality, highres, hmmikasa, short hair, black eyes, scarf, emblem, belt, thigh strap, red scarf, white pants, brown jacket, long sleeves, <lora:mikasa_ackerman_v1:0.7>, holding weapon, sword, dual wielding, three-dimensional maneuver gear, fighting stance, sky,
  • 【Negative prompt】
    • EasyNegative, lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, (worst quality:1.2), low quality, normal quality, jpeg artifacts, signature, watermark, username, blurry, lowres graffiti, (low quality lowres simple background:1.1),
  • 【Sampling method】DPM++ 2M Karras
  • 【Sampling steps】20
  • 【Width】512
  • 【Height】768
  • 【Batch count】6
  • 【CFG Scale】7
  • 【Seed】 1954368363

設定を合わせると同じ画像が生成されます。

Stable Diffusion
(512 x 768)x 6枚
Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPER
12.0秒
Core i7-14700+RTX 4070 SUPER
11.8秒
Core i7-14400+RTX 4070 SUPER
12.3秒
Core i7-14700+RTX 4070Ti
10.8秒
Core i7-14700+RTX 4070
13.3秒
Core i7-13700+RTX 3060 12GB
28.1秒

BingやLINEなどのクラウドを使った画像生成サービスよりも圧倒的に速く自分好みの絵を描けます。

RTX 4070 SUPERのビデオメモリは12GBなので、AI画像生成の「中級者向け」といった位置付けです。

AI画像生成をはじめてみたい!

クラウドの生成サービスに不満がある!

と感じている人にとって十分な性能です。

超高画質・高解像度にこだわる人はビデオメモリ16GB以上を推奨します。

CPU比較

微妙にCPUパワーの差が出ていますが、ほぼ同じと思って良いでしょう。

AI画像生成はほとんどGPUパワーだけで動作するようです。

消費電力チェック

各CPU+RTX 4070 SUPERを使ったシステム全体の消費電力を計測しました。

スクロールできます
CPUゲームエンコード動画視聴
Ryzen 7 5700X285~320W250~270W70~75W
Core i7-14700300~340W265~275W70~75W
Core i5-14400275~310W250~260W65~70W

すごく大きな差は無いのですが、基本的に第14世代のIntel Core CPUは燃費が悪いです。

Ryzen 7 5700Xはパワーが弱いからゲーム時の消費電力が低いと思われます。

計測方法はこちら

消費電力の測定はラトックシステムのRS-BTWATTCH2を使用。

リアルタイム計測データより最小値と最大値を採用。

ゲーム】サイバーパンク2077/フルHD〜4Kまでの最小値と最大値

【エンコード】Premiere Pro 2024/4Kエンコード

【動画視聴】Hulu

システム環境やゲームによって消費電力は変動します。

Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPERの構成まとめ

まとめると、こんな感じです↓

RTX 4070 SUPERまとめ

  • フルHD〜4Kまで問題なし
  • DLSS 3対応ゲームだと無敵
  • 4Kは競技性の低いアクションゲームと相性が良い

Ryzen 7 5700Xまとめ

  • 価格以上のパフォーマンス
  • Core i7の方が性能は良い
  • クリエイティブ系の処理はCore i5に近い
  • ストレージの拡張性が低い

RTX 4070 SUPERについては、競技性の高いFPSゲームをやり込みたい人に最適。

オープンワールド系のアクションゲームなら、高い解像度でも快適に遊べる性能です。

Ryzen 7 5700Xについては、ゲームパフォーマンスはCore i7より微妙に弱い感じで、映像編集パワーはCore i5に近い感じでした。

ただ、価格差を考慮すると妥協できる人は多いと思います。

旧世代だけにB550チップセットだとNVMe SSDの拡張性が低いのがデメリットですが、コスパ重視なら影響を受ける人は少ないでしょう。

(上位のX570チップセットなら問題ないけど、コスパは悪くなるので注意)

比較をすると違いが分かるものの、普通に使っている分にはパワー不足を感じることはないです。

BTOパソコンだと「Ryzen 7 5700X+RTX 4070 SUPERモデル」の価格がぶっちぎりに安く、たまに大幅値引きのセール品も見かけます。

コスパ優先ならRyzen 7 5700Xモデルがベストでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

使用したCPUはこちら↓

使用したグラフィックボードはこちら↓

高負荷時も動作音はすごく静か。LEDライティング機能のないシンプルなグラボです。

Ryzen 7 5700X+RTX 4070SUPERのBTOゲーミングPC

セール品を狙うとお得です。

【セール中】フロンティア GA

CPURyzen 7 5700X
8コア16スレッド
GPURTX 4070 SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
トップフロー式
メモリ
解説
32GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
1TB
Gen 3 NVMe
M.2スロット数
解説
1個(空き0)
Gen 4×4 – 1(0)
マザーボード
解説
B550チップセット
microATX
高さ x 幅 x 奥行
解説
457 x 210 x 465
ミドルタワー
電源
解説
850W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
機種紹介GAシリーズ詳細
サポート
価格199,800円
ポイント
  • 激安!
  • 大容量メモリ
  • 黒と白から選べる
  • クリエイティブ性能が少し低い
  • NVMe SSDの増設ができない
  • 見た目が派手なPCが好きな人

コスパの良いハイクラスCPUとRTX 4070 SUPERを組み合わせたセール品。

黒と白から選べるシンプルでスタイリッシュなケースが特徴です。

メモリ32GBを搭載しつつ、約20万円を切る勝負価格!

NVMe SSD用の空きM.2スロットは無いので、たくさんゲームをインストールしたい人は注文時に2TBへカスタムすると安心です。

CPUのRyzen 7 5700Xは動画編集などのクリエイティブ性能が少し低いですけど、ゲームパフォーマンスは問題ありません。

コスパ良く最新ゲームを楽しみたい人におすすめです。

ストレージは+8,800円で2TBにできます!

\ストレージ増量キャンペーン中!/

クレイジープライス!

マウス NEXTGEAR JG-A7G7S

LEDオプション装着時のお姿
CPURyzen 7 5700X
8コア16スレッド
GPURTX 4070 SUPER
CPUクーラー
解説
水冷
240mm
メモリ
解説
16GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
1TB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 3×2 – 1(1)
マザーボード
解説
B550チップセット
MicroATX
高さ x 幅 x 奥行
解説
410 x 220 x 424
ミニタワー
電源
解説
750W
80PLUS BRONZE
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
サポート
価格229,900円
ポイント
  • パーツ構成が良い
  • サポートが強力
  • 3年保証
  • クリエイティブ性能が少し低い

高さ41cmのコンパクトなボディーに豪華な装備をふんだんに使ったPCです。

派手な見た目が好きな人は、+4,400円でRGB LEDファンの装飾も可能。

コスパの良いハイクラスCPUに標準で水冷クーラーを搭載するなど、パーツ構成が良いです。

目立ったデメリットが無い優等生!

さらに、標準で3年保証が付くほか、24時間365日の電話/LINEサポートが強力!

これからPCゲームを始めたい人におすすめです。

基本パーツ構成が同じRTX 4060Tiモデルを実機レビューしたので、気になる人はチェック↓

\3年保証・超強力サポート/

安心・安全ブランド!

ドスパラ ガレリア XA7R-R47S

CPURyzen 7 5700X
8コア16スレッド
GPURTX 4070 SUPER
CPUクーラー
解説
空冷
サイドフロー式
メモリ
解説
16GB
DDR4-3200
ストレージ
解説
1TB
Gen 4 NVMe
M.2スロット数
解説
2個(空き1)
Gen 4×4 – 1(0)
Gen 3×2 – 1(1)
マザーボード
解説
B550チップセット
ATX
高さ x 幅 x 奥行
解説
480 x 220 x 440
ミドルタワー
電源
解説
750W
80PLUS GOLD
ネットワーク有線:1Gbps
無線:なし
サポート
価格239,980円
ポイント
  • 安心ブランド
  • 納期が早い
  • 爆速ストレージ
  • クリエイティブ性能が少し低い

人気ショップ ドスパラのRyzen 7 5700X+RTX 4070 SUPERモデルです。

シンプルな見た目ながらLED照明も楽しめるケースを採用。

Gen 4対応の爆速ストレージ、14cmの大型静音ファン、冷却効率の高いサイドフロー式CPUクーラーなどを標準搭載していて、パーツ構成が他メーカーのPCよりも良いです。

注文時のカスタム性も高く、自分好みに仕上げやすいのもポイント。

こちらもコスパ良く最新ゲームを楽しみたい人におすすめです。

\翌日出荷!すぐに遊べる!/

かなりコスパ良し!

その他のRTX 4070 SUPER搭載PCはこちら↓

PCパーツ・自作PCの基礎知識

パーツ別の基礎知識
工具メモリ
グラフィックボードストレージ
CPUケース
CPUクーラーケースファン
マザーボード電源

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2024年4月16日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
109800円Ryzen Z1
Extreme
16GB512GBASUS
129800円RTX 4060Ryzen 5 450016GB1TBマウス
149800円RTX 4060Ryzen 7 5700X16GB1TBPC工房
155800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
162800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
165800円RTX 4060TiCore i5-14400F32GB1TBフロンティア
169800円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
179980円RTX 4060TiRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
199800円RTX 4070SPRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
229700円RTX 4070TiRyzen 7 5700X16GB1TBPC工房
229900円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBマウス
239382円RTX 4070SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
239980円RTX 4070SPRyzen 7 5700X16GB1TBドスパラ
244800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
249800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
259740円RTX 4070SPCore i5-14400F32GB2TBサイコム
259842円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TB日本HP
269800円RTX 4070SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
269800円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBマウス
269980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB500GBドスパラ
279800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
296980円RTX 4070TiCore i7-14700F32GB1TBドスパラ
294980円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D16GB1TBドスパラ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F16GB1TBツクモ
299800円RTX 4070Ti SPCore i7-14700F32GB1TBフロンティア
307420円RTX 4070SPRyzen 7 7800X3D32GB2TBサイコム
価格から選ぶグラボから選ぶ
10〜15万円RTX 4060
15〜20万円RTX 4060Ti
20〜25万円RTX 4070
RTX 4070 SUPER
25万円〜RTX 4070Ti
RTX 4070Ti SUPER
RTX 4080 / SUPER
よかったらシェアしてね!
目次